« ランチ:花時計@日本橋 | トップページ | ランチ:Mu-Hung 夢飯 (その2)@西荻窪 »

2011年9月 7日 (水)

ランチ:海南チキンライス Mu-Hung(夢飯)@西荻窪

01

大好きなお店をずっとご紹介していませんでした。
西荻窪の『夢飯(ムーハン)』です。


02

西荻窪、といえば、中央線沿線にお住まいの方はご存知かもしれませんが、住みたい街ランキング常連トップの吉祥寺!のすぐお隣ながら、実はなかなかディープでここしかないという名店が密集しているエリアなんですよね♪

わたしもお気に入りのお店は吉祥寺よりも実は西荻のほうが多かったりします。なのにまだブログで西荻のお店をひとつも紹介してませんでしたcoldsweats02で、最近引越して近くなったこともあり、ずっとご無沙汰だった『夢飯』に数年ぶりにお邪魔してみました♪


03

店内は明るくて開放的shine
カウンターとテーブル席とがあり、カウンターはオープンキッチンになっています。


04

この日はさわやかな気候だったので、入口近くの明るい席に座ることにしました。


05

カトラリーは、アジア料理店によくある調味料容れみたいなものに纏められていました♪


06

テーブル席から見たカウンター席
ちなみにこの日は11時開店とほぼ同時に入店したので、まだこのようにガラガラでしたが、12時にはだいたい満席になるほど人気です。


07_1

カウンターの上にスペシャルメニューが書かれた黒板が。スペシャルはここ本店(他に新橋店あり)にしかないそうです。


07_2

ちょっとおもしろだったのが、コレ。
わたしの席は壁際だったのですが、そこににょろにょろしたこんなものが。ナニこれ?と思ったら、どうやらカバンやら傘やらを引っ掛けてもいいですよ的なものみたいで。なかなかユニークで気に入りました♪

さてメニューですが、一日通しメニューです。海南チキンライスを中心に、マレーシア風カレーやラクサなど、シンガポールおよび周辺諸国のメニューが並びます。そして海南チキンライスにはさまざまなトッピングが用意されていて、自分好みの味にアレンジできるようになっています。

この日たのんだのは、久しぶりなこともあって、いちばんオーソドックスな「海南チキンライス」にタマゴ焼きをトッピングしたもの。それだけだとつまらないので、単品で「タフ・ゴレン・サンバル」という自家製サンバルを使った炒め物をおつまみとして注文してみました♪


08_1

まずは「タフ・ゴレン・サンバル」が運ばれてきました♪


08_2

お皿は小皿と中皿との中間くらいで、軽くつまむのに丁度いい感じ♪


09

シンガポール料理はあまり食べたことがないので「サンバル」という調味料にあまり馴染みがないのですが、見たかんじ、なかなか美味しそうじゃないですか〜!じゅるるるる
さっそくいただいてみると〜


10

おいしい〜good
厚揚げともやしという和風の食材とサンバルがよく合っていました♪味はもっとピリ辛かと思ったら意外なほどマイルド


11

現地ではきっと日本の味噌のように使われているのかなという感じがしました。でも辛いもの好きなわたしとしてはもう少し刺激があってもよかったかなcoldsweats01


12

そして、海南チキンライスの登場で〜す♪


13

スープもついています♪


14

具はキャベツに小ねぎを散らしただけのシンプルなもの。
スープはもちろんチキンスープ♪さっぱりのなかにしっかりとしたコクのある美味しいスープshineキャベツの歯ごたえがいいアクセントになっていました。


15

そして海南チキンライス♪(タマゴ焼きのトッピング)
そうそう、ライスの量が大、中、小と選べるようになっています。他につまみたいときや小食の女子には嬉しいシステム♪この日は「中」でオーダーしました。いや〜、おいしそうだ!


16

まずはゆで蒸し鶏。
つやっつやでおいしそうな見た目を裏切ることなく、柔らかくてじゅーしぃheart04


17

きゅうりのスライス
歯ごたえのあるものがないので意外に大事です、コレ(笑)


18_1

トッピングのタマゴ焼きの上にはパクチーがしっかりめに乗っています♪


18_2

そうそう、ライスのことを書き忘れてました!
この写真のライスはジャスミンライスです。というのも夢飯では5の倍数の日(5、10、15・・・)はライスが特別にジャスミンライスになるのですshineもし可能であれば、ぜひともジャスミンライスの日を狙って訪問することをオススメします。やっぱり香り高くて上品な味わいはふつのに比べると断然美味しいです♪


19

付属のタレをご紹介
まずは左端から「中国しょうゆ」


20

「チリ」


21

「しょうがレモン」
これらを自分好みに鶏肉につけたり、ご飯にかけたり、混ぜたりして食べるのが海南チキンライスを食すスタイル♪


22

わたしは最初はそれぞれをお肉にちょっとずつつけて食べ、徐々に混ぜていき、最後にはご飯に全部をぶっかけてこのように混ぜ混ぜにしてしまいます(笑)。タイ料理を食べる時と同じスタイル(笑)。


23

ライスがほんとに美味しいcatface
チキンから出たスープがしっかり染みていて。特にこの日はジャスミンライスだったので格別でしたheart04


24

ちなみにお隣はギャラリーになっていて、わたしの席から展示してあるものが少し見えました。


25

そのギャラリーの名前がコレ「Mu-Rung(ムーラン)」
駄洒落が効いててグーですねえ!


Last

『夢飯』、とっても人気のお店です。もう何度もお世話になっています。
でも実はわたし、今回ご紹介したオーソドックスな「海南チキンライス」(ゆで蒸し鶏)よりも、断然フライドチキンライスが好きなのです!次回は連チャンで、その大好きなフライドチキンライスをご紹介したいと思いますdash

|

« ランチ:花時計@日本橋 | トップページ | ランチ:Mu-Hung 夢飯 (その2)@西荻窪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/179639/41315932

この記事へのトラックバック一覧です: ランチ:海南チキンライス Mu-Hung(夢飯)@西荻窪:

« ランチ:花時計@日本橋 | トップページ | ランチ:Mu-Hung 夢飯 (その2)@西荻窪 »