« ランチ:山岸食堂 その2@銀座 | トップページ | ねこ:MI・O・SA・ME »

2011年6月 7日 (火)

ランチ:TAPiR (タピ)@新大久保

01

とてもハマってしまったお店があります。
新大久保の『TAPiR (タピ)』です。


02_1

カレーが好きな人のあいだでは超有名なお店です。何年も前からずっと行きたいと思っていたのですが、いつか、いつかと思いながら実際訪ねるまでにずいぶん時間がかかってしまいました。

もう2度ほどお邪魔しているのですが、今回は最初に訪れた日をご紹介したいと思います♪


03

お店は大きな赤いバクの看板が目印
以前ご紹介した『クンメー』のちょっと先の細い路地にあります。
新大久保といえば、それまではタイや韓国料理目当てで行くことが多かったのですが、最近はここTAPiRが第一候補となりました☆


04

訪れたのは土曜午後の昼下がり。
とても小さいお店なので、満席じゃないかどうかどきどきしながらドアを開けました。


05

おおかた席は埋まっていましたが、運よく入り口近くのおひとり様ソファ席が空いていたので、無事に座ることができましたhappy02ほっ。
まずはお水が青いボトルとともに運ばれてきました。


06

お水、と思ったらうっすら色がついていました。
ひと口飲んでみたらかすかに味がします。なんだろう?なにかのスパイスっぽいんだけど。他のお店では飲んだことのないお味です。でもこれからくる料理にとてもよく合っていました♪美味しいです。

さてランチのメニューですが、基本はお料理(カレー)1品か2品を選び、それにライスorチャパティ、両方+ドリンク、チキンをつけるかつけないか、などいくつかのセットから選べるようになっています。


Menu3_1

そして本日のお料理は壁の黒板にも書いてありますが、テーブル上にもこんなふうな紙が貼ってありましたhappy01

この日のメニューは鶏のたまごカレーと鱈のたまごカレー。両方たまごのカレーなので同じような感じなのか店員さんに訊ねてみると、まったく違うとのことなので、料理2品、ライス、チャパティ、ドリンクのセット(1050円)にしてみることにしました♪


07

そして待つことしばし、じゃじゃーん!
お料理が運ばれてきました〜shineいや〜いいカンジじゃないですか〜!じゅるるるる!


08

ひと皿にチャパティ、ライス、そしてその横におからの和え物のようなものが添えられています。


09

まずはこちらが「鱈のたまごカレー」
一体どんな味なんだろsign02と好奇心をかき立てられるミルク色に白濁したスープdashうえにはいろいろな香菜らしきものがたっぷり。


10

それに対して馴染みあるカレー色のこちらは「鶏のたまごカレー」
ゆで卵がまるまる1つどぼんと浮かんでいるのがいい絵面です。


11_1

まずはご飯皿からご紹介〜


11_2

これ、このおからの和え物みたいなもの。
まずはこれにやられました!なんだろう、この独特な味!おいしいーーー!!

でも残念ながらうまく例えられない(笑)。おからなのはたしかなんだけど、味付けが複雑すぎて。ココナッツの味が少しするかな?かためのレンズ豆とレンコンの食感がぽくぽくしてまたいいのだ〜。もうすごいとしかいえないdash


12

チャパティは粉の味を強く感じるあっさり味
お料理を引き立てるようにできてる感じheart04


13

ライスは少しかためでパラリとした感じ。日本米ではないっぽい。
これまたお料理とよく合うようにできていると思いました。


14

さてお次は「鱈のたまごカレー」
スプーンを入れると思った以上具沢山!いろんなはっぱがざくざく入っていますdash


15

そしてスープの上には鱈のたまごがごろん、ごろん☆


16

いや〜これがいいお出汁になって、スープ(カレー?)がうまいのなんの!
もう目を血走らせながら食べちゃいましたhappy02


17

こちらの「鶏のたまごカレー」も負けてません
奥深いスパイスの味が口の中に広がりますcatfaceそして半熟たまごがいいアクセント☆さきほどのカレーとほんと全然ちがう!!2種類たのんでマジでよかったーhappy02

ちなみにカレーは辛さの調節ができるというので、辛いの好きな私は2つとも辛めでお願いしました。どちらも適度に辛めになっていると感じましたが、なんせ普通のカレーとかなりちがうので(特に鱈のたまごカレー)辛さを上手く伝えずらいですcoldsweats01


18

チャパティはほっとするお味でお口直しとしてもGOODでした♪


19

そしてそして、じゃじゃ〜んshine
こちらはピクルスです☆

黒板に書いてあったのがすんごく気になって店員さんに訊いてみたら、ふだんお昼はやらないのですが、いま混んでいないのでいいですよ、と言ってくださり、注文できたのでしたhappy01


20

手前がごぼう、奥がアスパラガスのピクルス


21

ごぼうのピクルス

うまい〜。ごぼうに鶏ひき肉がからめてあります。味はこれまたボキャ不足で伝えられません(苦笑)

そして奥のアスパラがまた不思議なうまさっdash
軽い酸味はビネガー?そして噛んだ瞬間に広がる複雑なスパイスワールドshine八角、シナモン?もう感服、すごすぎます、美味しすぎます。どうしたらこんな味が出せるんだろう??店主の料理や食材に対する深い洞察を感じずにはおれません。。。


22

飲み物はチャイにしました。


23

ついてきたスプーンが可愛らしかったです♪


24

お砂糖の容れ物も可愛かった♪


Last2

ごちそうさまでした!いや〜おいしかった!予想を遥かに上回る満足度!
思い起こせば数年前にクンメーの帰りに偶然見つけたこの赤いバクの看板
当時はなんだろうここ、お店?と思ったくらいだったのだが、まさかこんなに美味しいカレーのお店だったとは!


02_2_2

世の中にこんな味があるなんて!と目からウロコなこと間違いなしgoodここでしか味わえない独創的なお料理をぜひ堪能してみてくださいshine特にスパイス好きな方オススメです!

ちなみに2度目の訪問ではランチで前菜の盛り合わせがあったのでいただいたのですが、これもまたどれもすんごく美味しくて・・・。ホント止められません、TAPiR (タピ)lovely

|

« ランチ:山岸食堂 その2@銀座 | トップページ | ねこ:MI・O・SA・ME »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/179639/40273827

この記事へのトラックバック一覧です: ランチ:TAPiR (タピ)@新大久保:

« ランチ:山岸食堂 その2@銀座 | トップページ | ねこ:MI・O・SA・ME »