« ねこ:おひさしぶり! | トップページ | ランチ:麦とろ童子@熱海 »

2009年5月13日 (水)

ランチ:L’Atlas (ラトラス)@神楽坂

01_2

たまにちゃんとしたフレンチが食べたくなる私
最近そういうモードになっていたので
神楽坂にある『L’Atlas (ラトラス)』さんにお邪魔してみました〜。


ホントはお気に入りで同じく神楽坂の『LA TOUELLE(ラ・トゥーエル)』にしようと思っていたのですが、調べてみたらなんと、そのラトゥーエルのシェフと支配人が独立して新たに作られたお店が、昨年末オープンしたというではありませんかshineこれはぜひとも行かねば!ということで、今回はその『ラトラス』さんに決めたのでした。


02_2

お店は神楽坂上に行く途中にある横道を右折した通りにあります。
この通りはなかなかツウなお店が並んでいます。


03_2

野菜が美味しいと評判のフレンチ『アマテラス』や


04_2

神楽坂通の方ならご存知、甘味処「花」など。


05_2

そしてなんといってもこのクリームイエローの建物!


06_2

この建物には和食屋、フレンチ、スイーツなどの飲食店や雑貨屋さんなどが入っているのデス。


07

ここだけみるとまるでヨーロッパみたいshine
ちなみに前述したラトゥーエルさんもこの敷地内にあって、写真左の赤い階段を上ったところがお店です。


08

で、今回お邪魔した「ラトラス」は、そのちょっと先にあります。
先ほどの淡い黄色をオレンジにしたような可愛らしい外壁です♪すでにお店の方が外で私たちを出迎えに待っていてくれましたcoldsweats02ちなみに今回は予約しての訪問です。


09

ビックリしたのが扉を開けたらいきなりウェイティングのコーナーがあったこと。というより、
それしかなかったこと(笑)
「こちらで少しお待ちください」とのこと。


10

予約したのに待つの?と思いながら、壁際にあったイスに腰掛けたところ、


11

目の前のガラス窓を見てようやく気がつきました。


12

そう、なんとガラス越しはキッチンになっていたのです!
全面窓になっているので、中の様子がよく見てとれます。3人のシェフが忙しそうに動きまくっていました。へええ、おもしろいなあ〜、なるほど、出来上がった料理は奥に見えるエレベーターみたいなので上に運ぶシステムなんですね。


13

お待ちくださいと言われた割には1分も待たずにサービスの方があらわれ(笑)、私たちを2Fへと案内してくださいました。ああ、もう少し作ってる様子を見てたかったなぁ〜!


14

後ろ髪をひかれつつ2Fへ。

なるほど、食事をする場所は2Fなんですね。ラトゥーエルさんを踏襲したお店なら間違いないと即決したので、何の予備知識もなくそのまま来てしまったのですが、後で調べてみるとこちらのお店、一軒家をまるごと改装して作られたそうです。ナルホド、だからこういう造りなのかぁ。でもそれをこういう風にしたっていうのはやっぱり面白いなあ。


15_1

店内を見渡すと、おお、ほぼ満席じゃないですか!
実は店に入る前は、通りに人影がまばらだったのと、GWに突入していたこともあり、もしやガラガラだったりして?なんて思っていたら・・・大間違いでした(笑)


15_2

それにしてもなんて明るい店内なんでしょうshine
全面に窓があるっていいですね♪屋根の形を生かした天井も素敵です。


15_3

でも私たちが案内された席は、ちょっとイマイチでした。
かなり早い段階で予約したのにココ?とこれだけは唯一ちょっと不満だった点。ちなみに真ん中へんの席だったのですが、右側の仕切壁はこんな風に穴があいたデザインでした。


16

窓のカーテンもこんな風に中央がリボンで結ばれていてシャレてます♪


17

さてさて、こちらがテーブルセッティングです。
ランチなのでもっとカジュアルなのを予想していたのですが、かなり本格的なセットにちょっと緊張(笑)。ガラスの器はどっしりしていて、涼しげでありながらも重厚な感じshine


18

そしてお約束のビール(笑)
もちろん生ビールではなくて小瓶。たっぷりしたグラスにサービスの方が注いでくれました♪

さて、ここでいつもならビールを片手にメニューの熟読?に入るのですが、今回はランチで2コースしかないのですぐに決まりました。コースは土日、祝日は5800円と10000円の2種類(平日は10000円のかわりに7500円のコース)。

今回は5800円のコースをいただきました。内容はアミューズ、前菜、魚料理、グラニテ、肉料理、デザート、珈琲or紅茶orハーブティー、プティフル。前菜、肉料理は2つから選べます。なのでカップルで行かれると両方楽しめていいかもしれませんね。で、私たちもいちおうカップルだったので(笑)、それぞれ違うものを注文したのでした。


19

テーブル上のフラワーは真っ赤なバラでした。


20

さて、すぐにアミューズが運ばれてきました。
メニューには「3つの形で構成されたアミューズ」と記されていました。サービスの方から丁寧な説明がありました。手前から順番にご紹介♪


21

こちらは、タプナードとトマトのソースをぬったトーストの上に、シャンパンビネガーでマリネしたきびなごをのっけたものだそうです。手で持ってお食べくださいとのことでした。
ちょっぴりスパイシーでウマい☆でもあっという間に食べ終わっちゃった(笑)


22

スプーンにのっかたこちらは、ほほ肉とタンのテリーヌ。上には卵とケッパーを使ったラビゴットソースをのせて。
こちらも美味しいんだけど、ほんとにちょっぴりなので味わうか味わわないうちに喉の奥へ(苦笑)


23

いちばんボリュームのあったのがガラスの器に入ったこちら。
軽くスモークしたサーモンと菜の花とを和えたもの。ポテトチップのようなものは、なんちゃらっていう薄いパイ生地にパプリカで香りづけしたものだそうです。
うんこれも美味しい♪ただパイ生地みたいのは、私にはコンソメポテトチップスそっくりに思えたのですが・・・coldsweats01


24

横からみるとこんな感じ。
最近、こういった感じの器を使ったお店によく出会うのですが、流行ってるのかな?


25

ちなみに私が今回いちばん気に入った器はテリーヌが乗った、こちらの魚っぽい形をしたスプーン♪


26_1

次に自家製パンがサーブされました。
軽く温めてあって、もっちりしていてウマい♪それにしてもパン皿までガラスっていうのは珍しいなあ。というか今回が初めてかも。


26_2

そして私の前菜が運ばれてきました。
うわー、なんて華やかなお皿heart04


27

でも前菜をホワイトアスパラガス、という文字を見ただけで決めた私は、この見た目で一瞬
オーダー間違い?と思ったのでした。

だって、ホワイトアスパラが見当たらないんだもん(笑)でもよくよくメニューを見返したら
「ホワイトアスパラガスと生ハムのベニエ 江戸前穴子のキャラメリゼとフォアグラのコンフィ」という名前の前菜なのでした(笑)



29

確かにフォアグラが全面にドーン(笑)
そして写真ではわかりづらいですが、その下にキャラメリゼされたふっくらした穴子、さらに下にようやく生ハムに巻かれたホワイトアスパラガスがあるのでした。す・すごい・・・coldsweats02


30

これがそのホワイトアスパラガス
この写真でも、「え?これアスパラ?」って感じですが、フリットみたいに衣に包んで揚げてあるのでこんな感じなんです。しかもアスパラが生ハムに巻かれた状態で。ってこれ全部メニューの名前のままなんですけどねcoldsweats01どうも毎度ベニエとかコンフィとかっていう調理法が頭に入ってこなくて。ほぼ食材で決めてしまうんですよね・・・(笑)

いや〜でもこれが最高にウマかった〜!!
ゼッタイ自分では考えられない食材の組合せなんだけど、口に入るとそのマリアージュが素晴らしいの!フォアグラも超フレッシュだしheart04


28_2

ソースはバルサミコ酢
このお料理にぴったり☆


31

そしてこちらがオットの前菜「オマール海老のコンソメジュレとカリフラワーのブルーテ 函館産ウニとキャヴィア添え」
これはもうウニ、コンソメ大好きなオットは間違いないということで。今回の前菜に関してはナチュラルにお互い好きなものを頼んだというカタチになりました(笑)


32

「横から見た図」
やばいです、コレめちゃくちゃ美味しそうです(笑)
いちばん下には温泉卵、それにカリフラワーの冷製スープをしいて、トップにウニとキャビアを浮かべたもの☆ひえ〜、聞いただけでよだれが・・・。
こちらはこのお店のスペシャリテだそうです。初めて来たのならこれはたのまなきゃでしょうhappy02


33

白いソースの海に浮かぶぷりっぷりのウニ、そしてさらにその上には魚卵の王様、ャビアshine
それらが、コンソメジュレに囲まれて・・・、じゅるるるる!。さてお味はというと・・・


34

ウマーーー!!
いや〜、これがウマくないわけありませんよ〜happy02


35

下のスープとかきまぜて、このようにトロトロにしてお食べくださいマセ!もう気分もトロトロでございます〜(笑)


36

そうそう、ビールのあと前菜がくる前に、グラスワインをいただきました。

グラスは赤も白も3種類用意されています。ホントは一番安いのでいいやと思っていたのですが、シャブリという超有名ワイン、長らく飲んでないなーと思い1300円でしたがオットもせっかくならとすすめてくるしでシャブリをいただくことにしました。ちなみにウィリアムフェーブルというシャブリ。

これがしかし私にはちょっと甘かった・・・。そう、シャブリを飲んだ頃はもう5年以上前・・・。それから年を重ねてワインに対する味覚も変わったのかもしれません、正直好みの味ではありませんでしたsweat01ちなみにオットのはヒューゲルのワインでこちらのほうが味的には好みだったかも(苦笑)


37

ちなみにこのイスたち、ウェイティングの場所にもありましたが、とっても座り心地がいいんです♪背もたれに穴があいている不思議な形ですが、なんかぜったい座り心地よさ気な感じがしたんです。やっぱり大当たり!ちなみに私の側は(壁側)はソファタイプでした。




41

そしていよいよ中盤、魚料理「鮮魚のポワレ ブイヤベース仕立て」が運ばれてきました〜♪


42

鮮魚は旬がとても短いといわれる桜鯛、その上にはこれまた旬のスナップエンドウが見た目麗しくヒラリと飾られております。そしてその横には大きなはっぱがあって、てっきりほうれん草か何かだと思ったら、スイスチャードという初めて聞く西洋のお野菜でした。スープはブイヤベースで、中にじゃがいもをサフランで味つけしたのが入っているそう。さてお味はというと、


43

もちろんうんまい♪魚の火の通り加減が絶妙♪スープに浮かびながらも皮のパリパリが損なわれていないのもスバラシイ☆スイスチャードとかいうお野菜もさっぱりしていてクセがないので美味しくいただけました。

しかし、実は私たち、共通してブイヤベースがそんなに好きではないのでしたsweat02なので料理としては美味でしたが、魚料理の満足度としてはふつうだったかなcoldsweats01


44

お口直しの「グラニテ」
本日はパイナップルとローズマリーのグラニテだそうです。


45

うーん、スッキリ!本当にお口直しになりました(笑)
よく氷菓子という意味でシャーベットとも言われますが、フレンチのグラニテを食べる限り日本でいうそれとは完全にベツモノ。グラニテってとっても繊細なんですね〜。


38_2

39_3

今まではサクサク料理が運ばれてきましたが、このあとメインまではちょっと時間が空きました。なので店内のインテリアを眺めながら歓談タイム。こちらは1Fと2Fの間に飾ってあったグラスのディスプレイ。なかなかステキ♪


40_2

そうそう、私たちの壁を隔てたところには、各テーブルにお出しするワインやシャンパンが冷やして置いてありました。みんな昼から飲みますなあ〜(笑)。ちなみに昼のアルコールってよくまわるなあって思うのは私だけでしょうか?実際この日も2杯でぽわーんとしてしまいました(笑)。


46

そしてようやくメインの登場です!こちらは私のオーダーした
「バルバリー種 幼鴨胸肉のロースト インゲンとマスタードグリーン、オレンジのサラダ ヴィガラードソース」


47

いや〜、なんてまあ美味しそうなんでしょう!じゅるるるる!


48

お肉もお野菜もピカピカ輝いております☆
でもこの写真だと鴨肉がちょっとトンカツに見えなくもないカナ?(笑)さてお味はというと・・・


49

ウマ〜〜!!
ちょっとこれ美味しすぎですよ〜heart04
胸肉なのにすーっと柔らかい♪それにこのソース!ヴィガラードソースがメチャうま!
お肉の量がかなりあったので一瞬、食べられるかな?ってビミョーだったのですが、余裕でした(笑)それはこのソースの美味しさが大きかったかも。


50_1

肉が埋もれるほどのたっぷりのお野菜も女性には嬉しい☆
ちなみにこの紫色したものは紅芯(こうしん)大根。自分では買ったことないけど、これって確かすごく高いんですよね。


50_2

そして鴨肉の下には最初は見えなかったけど、インゲンがたっぷり敷かれていたのでした☆肉汁との相性も抜群で、これまたGOOD!


51

そうそう、次のパンは先ほどのとは違ってフランスパンでした。


52

こちらはオットの肉料理
「山形県米沢産 田中牧場 三元豚のグリエと旬野菜 凝縮したジュの一皿」


53

これまたボリュームたっぷり☆
高く盛られた豚肉は見るからに脂がのっており、下のソースとともにヒジョーに食欲がそそられます、これまたじゅるるるる


54

旬のお野菜はアスパラでした♪
グリーンとホワイトのアスパラがクロスで飾られた横にはフレッシュなローズマリーが添えられています。


55

いや〜、やっぱり脂超のってます、豚肉☆
のりすぎていて脂っぽいのがニガテな私にはややトゥーマッチ気味でしたが、この染み出た肉汁とパンとの相性は抜群でしたhappy02(オットのですが・・・。)
ちなみに私が絶賛した鴨料理は、彼の中では鶏肉が肉料理の中では下に位置しているため、フツウとの評価でしたsweat02やっぱり人それぞれですねぇ。(当たり前ですが)


56

さてメインの後のデザートは「フロリダ産グレープフルーツの三重奏」
なんだかすごいネーミングです(笑)


57

でもキレイです〜shine
横から見るとこんな感じ。いちばん下がグレープフルーツのメレンゲムース、その上がグレープフルーツのゼリーにフレッシュのグレープフルーツやその他くだものをカクテルしたもの、いちばん上がマンゴーシャーベット。確かに三重奏!
しかも三種類のグレープフルーツを使っているそうで、そういう意味でも三重奏。ダブルミーニング?


58

マンゴーシャーベットにはミントのはっぱと飴細工がささっています☆


59

容器の奥からすくって食べると、
むーん、ウマい!甘すぎず酸っぱすぎずでちょうどいい♪


60

飴細工もいただいちゃいましょう♪


61

最後は2人とも珈琲をチョイス。
たっぷりで香り高くて美味しい珈琲でした。


62

少し落ち着いたあとで、プティフルが運ばれてきました。
器がちょっと変わってます。シンプルだけど左端だけ周りの部分がありません。


63

マドレーヌ


64

フランボワーズ味のメレンゲとブラウニー


65

生キャラメル
実は私もオットも、これが人生初の生キャラメル体験!


66

紙包みを開けると、おお確かにやわらかい!
ちょっとどきどきしながら口に入れると〜、うーん甘い!当たり前ですが。
オットは大絶賛しておりましたが、私にはちょっと甘すぎました。そういえばもともとキャラメルってあんまり得意じゃなかったんだった・・・sweat01


67

ごちそうさまでした!
いや〜満足、満足♪


Last_2

帰りは道路でシェフとサービスの方が見送りに来てくださいました。外観を撮りたいと伝えると、わざわざ道の端に寄ってくれました(笑)、お心遣いありがとうございます♪

それにしてもやっぱり間違いないお店でしたshine
何を食べても美味しかったし、これだけ細やかなサービスなのにランチはサービス料がかからないっていうのもすばらしい。
個人的には、窓がいっぱいある造りなのでディナーよりも自然光が入って明るいランチでの利用のほうがオススメかな〜って思います♪とはいってもディナーも試してみたいなあ〜(笑)

そんな私の素敵なお店リストの仲間入りとなった『L’Atlas (ラトラス)』さんなのでした〜。

|

« ねこ:おひさしぶり! | トップページ | ランチ:麦とろ童子@熱海 »

コメント

PIPさん
ご訪問 コメント有り難うございます

ホワイトアスパラ お好きですか
うれしいです

今後もよろしくお願いいたします

投稿: ryuji_s1 | 2009年5月16日 (土) 18時47分

>ryuji_s1 さま
コメントありがとうございます。
お料理、雰囲気、サービスと
トータルで満足できるお店でした。
ぜひ行ってみてください♪


投稿: PIP | 2009年5月16日 (土) 18時26分

L’Atlas (ラトラス)@神楽坂
素晴らしいレストランお料理おしゃれで最高ですね
凄く美味しそうです

素敵なお店ご紹介有り難うございます

投稿: ryuji_s1 | 2009年5月16日 (土) 08時54分

>チャル さま
ごぶさたです〜
元ヒマ主婦ってちょっと笑っちゃいました(笑)
すいません。

そうなんですよ〜
最近の神楽坂はステキなお店が
どんどん増えています。
他人のおいしい料理・・・
では今度何か調達してお邪魔しよっかな


>涼&リッキー さま
いいワインだったってことですよね♪
どうもカタカナに弱くて・・・(苦笑)
でもこのお店はよかったです、オススメです。

ル プティ トノーって名前は聞いたことがあります。
調べてみたら九段下にもあるんですね。
今度行ってみます♪
ル・ロワジィールは知りませんでした。
調べてみたらメインストリートですよね?
よく通る道なのになんで気づかなかったんだろsweat02
こちらもぜひ行ってみたいと思います!
いつもいろいろ情報ありがとうございます♪

投稿: PIP | 2009年5月14日 (木) 20時05分

こんばんはー。ウィリアムフェーブルとヒューゲル、ネゴシアンですが、いつもハズレの無いいいワインを販売する業者ですねー。どちらも安心してワインがたのめます。しかもこの御店、アマテラス出身のスタッフの御店、悪いわけがない。僕はル プティ トノー にいたので、アマテラス、まんざら知らない御店ではありません。この業界、せまいですー。新店舗情報、ありがとうございます。ちなみに、僕は神楽坂なら、ル・ロワジィールが大好きです。涼&リッキー

投稿: 涼&リッキー | 2009年5月13日 (水) 22時50分

元ヒマ主婦です。
どうもお久しぶりです。

たまには他人のおいしい料理を食べたいな…と思う今日この頃。
あの場所にそんなステキなお店ができたんですね〜
なかなか行けないので
料理の写真で
目の保養させていただきます


投稿: チャル | 2009年5月13日 (水) 21時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/179639/29529177

この記事へのトラックバック一覧です: ランチ:L’Atlas (ラトラス)@神楽坂:

« ねこ:おひさしぶり! | トップページ | ランチ:麦とろ童子@熱海 »