« ねこ:タワーでの闘い | トップページ | スイーツ:アテスウェイ (a tes souhaits)@吉祥寺 »

2008年10月22日 (水)

伊豆旅行3:ディナー『壹番(いちばん)』@熱海

01_2

昼はお蕎麦と軽めだったので、夜はガッツリ!ということで、熱海の中で美味しいと評判の中国料理『壹番(いちばん)』へ行ってきました♪

ここは帰省する前に事前に調べた「行きたい候補」のお店の一つ(笑)。グルメで有名なあの秋○康が、ここの餃子のためにわざわざ東京から車をとばして訪れたという話でも有名らしいです。

実家からも徒歩圏内だし、よし行ってみよう!と思っていたら、お義母さんから「半年前に行ったら味が落ちててビックリした」との不穏な発言がsweat02

やはり昔から地元人の間でも美味しいお店として認知されていたようなのですが、ここ最近はめっきり人も減って空いているらしいとの話。たぶんシェフが代わったのではないかとお義母さんは推測されていました。

うーん、こんな話を聞くとさすがにちょっと躊躇してしまうsweat01
現に「外食は冒険しない」がモットーのオットからは早くもやめようよオーラsad。でも何でも自分の舌で試してみないと気が済まない私は、

「半年前ならまた味も戻ってるかもよ!」とポジティブな提案をして、なんとか訪問にこぎつけたのでした(苦笑)。


02

こちらがお店の外観。
もっと街の中華屋みたいに庶民的な感じかと思っていたら、意外にキチンとした店構えでした。人気なので夜は予約して行ったほうがいいと口コミなどで書いてありましたが、前述のこともあり、特に予約はせずそのまま行ってみることにしました。


03

四川料理のお店だと思っていたら、このように入り口に四川の文字と


04

広東の文字が。
両方扱っているらしいです。


05

お店に入ると、なんとお客がびっちり!ぱっと見、満員状態coldsweats02
ありゃー、やっぱり人気なんだ〜、これは今日は諦めるかな〜、とダメもとで店員さんに聞いてみると、狭いテーブル席でもよろしければ、と言われ、見るとそんなに居心地悪そうでもなかったので了解して、なんとか入店することができました。


06

お店は入り口に面した側がテーブル席メインになっていて、


07

奥が円卓中心となっています。


08

私たちは入り口に近いやや狭めのテーブルに着くことに。確かにテーブル間は狭かったですが、クロスや卓上もキレイだし、全然問題ナシ!


09

ちなみに私たちの席の横からが円卓エリアで、お隣の大テーブルはすでに予約席となっていました。


10jpg

「グランドメニュー」
かなり年季が入っているようで(笑)


11

テーブルセッティングは小皿と竹の箸
箸置きは瓢簞型♪


12

まずはビールを飲みながら、何を食べようかゆっくり検討。
この時間が一番楽しいのよね〜(笑)。とりあえず最初だし、前菜と主菜から1皿、そしてもちろん「餃子」、あとは夜のみしかオーダーできなくて当店おすすめの逸品となっていた「小龍包」をいただくことにしました。ちなみにビールはサッポロとアサヒから選べます。


13

ビールについてきたと思われるつきだし?みたいなもの。
大根の漬物でした。


14

味は意外とフツウ。
そこらへんの居酒屋とかでも食べられるような味というか。もう少しお店としての特徴があると嬉しいかな。


15

たっぷりのお茶がポットでサービス。
お茶はジャスミンティー。美味しい♪


16

まずは私が選んだ前菜「ピータンのマスタードソース」700円
おっと、ずいぶんとこじゃれた器で登場です。手前の辛子はお好みでどうぞとのこと。さてさっそく食べてみると〜


17jpg

うん、なかなかウマい♪
ピータンの独特の臭みは弱く、下のタレは大好きな八角が効いていて美味しい〜catface
上にのっているパクチーや白髪葱との相性もバッチリ☆


18

そしてこの辛子をつけて食べると、また味にビミョーな変化が加わりウマいのだ☆なかなか幸先のいいスタートで、ちょっと嬉しい♪


19

そして、こちらがウワサの「餃子」でっす!
おおお〜、これまた美味しそうじゃないですか〜、じゅるるるる

餃子は皮の厚いのが好きか薄いのが好きかで好みが分かれると思うのですが、私は薄い派。こちらのはわりと薄そうで、見た感じかなり好みかも。


20

案の定、好みの味でしたー♪
身は小ぶりで皮はパリパリ、あっという間に食べ終わってしまいました(笑)。オットも美味しいと満足だったようです。


21

餡はこんな感じ☆
野菜が多いのかな、とてもアッサリしていました。もう1皿食べてもよかったかも(笑)。


22jpg

そうそう、卓上調味料が私たちの席にはなかったので、うっかりタレを調整するのを忘れてしまいました。私は辣油や酢をたっぷり入れるのが好きなので、後で気がついて残念でしたbearing。この写真は私たちのすぐ隣のテーブルに置いてあったものです。


23

そして餃子を食べている途中に小龍包が二段のせいろでやってきました〜。
ちなみに小龍包は1個250円で4個から注文が可能。私たちは4個にしました。


24

写真では大きく見えますが、小ぶりなスプーンサイズです。
下にちょっぴり見えるオレンジ色のものは、人参のスライス。


25

左側のタレが「小龍包のタレ」
針生姜が入っています。ちなみに右側のはさきほどの餃子のタレです。


26

スプーンですくって、食べる準備です(笑)
さていただいてみると〜


27

肉汁じゅわっ!かと思ったらそうでもありませんでした(笑)。
美味しいけど、逸品とまではいかないような?どちらかといえば餃子の方が逸品だと思いました。


28

ここら辺で好物の紹興酒(カメ出し)をいただくことに。
そしたらなんと!こんなにオシャレな紹興酒がでてきました(笑)なんだかワインをデキャンタでたのんだみたい(笑)。


29

飲み方をロックにしたら、これまた涼しげなガラスの器で氷が。これだけ見ると今度はウィスキーみたい(笑)。


30

でも飲んでみると勝手なもので、こうやって飲むのもなかなか悪くないなと思いました(笑)。味もなかなかウマかったです。


31jpg

次の料理用に取り皿が運ばれてきました。
料理によって一つひとつお皿を取り替えてくれるのは嬉しい心遣い♪


32jpg

そしてこちらが2人で決めた主菜の「豚バラ肉の山椒炒め」1600円(確か)
こちらもまた美味しそうです♪個人的に辛味に山椒を使ってあるのに弱いんですよね〜。


33

うん、ウマいです♪
山椒は控えめですが、しっかり食材に味が絡んでいるし、野菜もキノコもシャキシャキしていて歯ごたえがあります。

うーん、これまで食べていて、どれもそれなりに美味しいと感じた私たち。

もし、イマイチだったら数品頼んですぐ店を出ようと思っていたのですが、そんなこともなかったのでシメに主食をたのむことにしました。炒飯や麺類が評判らしいのですが、それはいつかランチで食べることにして、ここはあえて夜しかオーダーできないという「壹番炒麺」というものを頼んでみることにしました。


34

またまた取り皿です。


35_1

そして、きました〜、こちらが「壹番炒麺」です!
おおお〜、大好きな太麺ではないか!美味しそう〜、じゅるるる

値段は忘れてしまいましたが、確か1500円前後だったような。


35_2jpg

「壹番炒麺」の説明には、牛肉と黄韮のかき油炒めそば、とありました。
今回はこの黄韮に惹かれてしまって注文しちゃいましたheart04


36

オイスターソースが絡んだつやっつやの太麺。くーっ、たまりませんっhappy02


37

取り皿に取り分けてみました。
今気づきましたが、この取り皿、大皿と色違いなんですね。ちゃんとセットになっていたんだと今更ながら感心。さてお味はというと・・・


38

うんうん、美味しいです〜♪


39

気になる麺の固さもちょうどよかったし、変に油っぽくもなくて美味しくいただけました。


Last

いや〜、ごちそうさまでした〜♪
お義母さまの「味落ちた」発言で、この夕食、どうなることかと思いましたが、なかなかどうして美味しくてとても満足でした♪
でもこれは果たして店の味が元に戻ったのか、はたまた私たちの味覚レベルが低いのか・・・が分からないのがビミョーではありますが・・・(笑)
でも「これならまた行ってもいいよね」というのが2人の感想なのでした。

ランチはもっとリーズナブルみたいなので、今度はランチを試してみたいと思います♪

|

« ねこ:タワーでの闘い | トップページ | スイーツ:アテスウェイ (a tes souhaits)@吉祥寺 »

コメント

>crescent1966 さま
はじめまして
HP出来たんですね♪
ご連絡わざわざありがとうございます
今度は平日ランチに行ってみたいと思います。

投稿: PIP | 2010年3月20日 (土) 10時08分

壹番のホームページ開設した様ですよ。
http://www.ichiban-atami.com/
ご覧になってみてはいかがですか?

投稿: crescent1966 | 2010年3月18日 (木) 23時58分

言われてみれば、
赤のれん減ったかもcoldsweats02

でも熱海にはまだこういった豪華な店は少なくって
赤いのれんの中華屋さんが幅をきかせています(笑)。
でもそういうお店が意外に
超ウマだったりするんですよね〜catface

投稿: PIP | 2008年10月24日 (金) 20時10分

お義母さまの前評判がちょっと心配でしたが
良い方に変わってて良かったですね^^
徒歩圏に美味しい中華屋さんはキープしたいところ・・・
でも最近、昔の赤いのれんの中華屋さんって減ったと思いません?
店内が豪華になった分、お値段は昔の倍してるとおもいます
子供の頃、酢豚とか750円くらいだったような・・・
時代の流れでしょうかね~

投稿: びび | 2008年10月24日 (金) 07時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/179639/24583869

この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆旅行3:ディナー『壹番(いちばん)』@熱海:

« ねこ:タワーでの闘い | トップページ | スイーツ:アテスウェイ (a tes souhaits)@吉祥寺 »