« 信州旅行3:我が家、そして猫・・・ | トップページ | ディナー:オマージュ(Hommage)その2@浅草 »

2008年7月 2日 (水)

ディナー:オマージュ(Hommage)その1@浅草

01

昨年の誕生日は私のリクエスト『オー・グー・ドゥ・ジュール』でお祝いしてもらったのですが、今回はオットにお店を選んでもらうことに♪

しかし予約したのが誕生日の2日前ということもあり、電話するお店はどこも満席・・・。そんな中、運よく空いていたお店があり、それが浅草にあるフレンチのお店『オマージュ』なのでした。

今回は長くなってしまったので2部構成でお送りしたいと思います。

インターネットで調べると、どうやらこちらのお店は超人気店らしい。
しかし浅草・・・。しかも駅から遠いとのこと。う〜ん、なんて思っていたのですが、実際訪れてみたら、大大大満足!!という嬉しい結果だったので、さっそくご紹介したいと思います♪

とはいっても、いまさら私が紹介するまでもなく、すでにたくさんの方がHPやブログで紹介しているのですが。

お店は浅草駅から徒歩15分、とアクセス的にはかなりイマイチの場所にあります。それでもお互いの会社から浅草までわりと近かったのでまだ幸いでした。

浅草だ〜、久しぶりだな〜。たぶん10年以上は来ていないsweat01
駅周辺の賑やかな通りを7〜8分ほど歩くと、だいぶ落ち着いた雰囲気になるんですね。


02

ちょうちんの多さがまさに浅草って感じ(笑)。


03

道の両側には柳が垂れていて風情がありますね〜。ちょっと蒸し暑い風が吹いていたりするのも妙に合っていたりして。


04

道には等間隔には明かりの灯った柱があって、このように句っぽいものが書いてありました。しかも柱ごとに全部文言が違うという懲りよう。


05

お店の周辺は普通の民家が多く、小さい文具店や郵便局などがあり、道ばたでは小さい子供が遊んでいるなど、まさに典型的な下町情景が広がっていて、微笑ましいのでした。


06

そして『オマージュ』は、そんな民家に溶け込むように静かに佇んでいました。淡い黄色の壁のお店の前に、チャリがたくさん止まっているあたりがこれまた浅草っぽいです(笑)。


07

お店の窓には植木鉢がたくさん。


08

そしてお店の名刺がコルクのすき間に突き刺さるようにディスプレイされていました。なぜかとんかつの名店『フリッツ』の名刺も。調べていないのでわかりませんが、たぶんこのお店と関係があるのでしょう。


09

19時に予約していたのですが、まだ店内はガラガラな感じ。


11_1

私たちが案内されたのはお店の一番奥の席。席のすぐ後ろにはもう1つ部屋があり、個室っぽい造りになっていました。


11_2

壁にはあちこち控えめに絵画が飾られています。


10

そしてわりと側に厨房の入り口が。とても狭そうな厨房なのに3〜4人は常に人がいるのがスゴイと思いました。

そして後で気づいたのですが、実は私たちはその日の最後から2番目の客だったのでした。というのも、2人客でもテーブルを2つ使っているので全体の人数が少ないのでした。ちょっとビックリ。

だってただでさえ広いとはいえない店内、お店側としてはたくさんお客を入れたいところなのでは?と。ただ単にこの日の予約が少なかったのか、はたまたサービスだったのかわかりませんが、とにかく私たちはおかげでとてゆったりした空間で食事を楽しむことができたのでした♪


12

こちらはテーブルセッティング。


13

お水のグラスはフレンチにしてはやや珍しい厚みのあるグラス、そして鮮やかなブルーの温かいおしぼり。


14

最初から置かれている取り皿。スクエア型で淡すぎないブルー。この色合い、好みだな〜。


19_2

メニューはシンプルな黄色い表紙。ちなみにオットのはブルーでした。とうやらお店全体の色はイエロー、アクセントをブルーにしているっぽいです。

さて、まずはメニューを決める前の恒例の儀式?ビールの注文です(笑)。

なんとフレンチのお店にしては珍しく、生ビール!があるではないですか〜happy02ということで迷わず「生2つください」(笑)


15

しかも運ばれてきたビールは2人とも大好きなハートランドheart04うーん最高!

乾杯しながらメニューに目を通す私たち。とはいっても今回はアラカルトで注文しようと最初から決めていたのですが。

ネットでは多くの方が「オマージュコース」を注文していて、それがかなりお得な内容なのは承知しており、実際チョット迷ったりもしたのですが、いかんせん最近の私たち、めっきり量が食べられなくなってきまして・・・齢?!(汗)。

特に私はフレンチ大好きにもかかわらず、コースの最後は苦しくなってデザートを残して終了、なんてことも多く、それならお互いに好きなものを注文して最後まで気持ちよく食事をしたいとの思いでアラカルトにしたのでした。

まあ、実際オットと食べたいものがかぶらないことが多いので(笑)、2人で同じものを食べなくてはならない「オマージュコース」はもともと私たち向きではなかったのですが。

と、前置きがかなり長くなりましたが、私たちが頼んだものは次のとおり。

本日の前菜から「アスパラガスを使ったお料理」(正式なメニュー名はわかりません)、メニュー記載の前菜から「鴨フォアグラのポワレ ハイビスカスのシロップ」、「地鶏のダブルコンソメ」、主菜からは「本日入荷の鮮魚 お勧めのスタイルで」を注文。デザートは後で考えようということに。

そんなやりとりの間にアミューズが次々と運ばれてきました。


16

まずは「フィナンシェ」と「ガーリック風味のオリーブ」


17

「フィナンシェ」
いい意味で甘くなくてウマイ♪何の味なんだろ?ちょっとスパイスチックでビールがすすむ〜。オットも私もこれ、すごーく気に入りました♪


18

「ガーリック風味のオリーブ」
オリーブ自体はやや小ぶりではありますが、ほどよいガーリック加減でこれまたパクパク食べてしまい、あっという間に完食(笑)


19_1
そしてすぐにショットグラス風の容器にスプーンがささったスタイルで「ナスのピューレ」が運ばれてきました。ビジュアルが格好いい(笑)


20

ピューレの上にはクルトンがたくさん☆


21

こちらもほんの少しにんにくが効いていて、トロっとしていてウマい♪ほんの一口ですが食欲増進の効果アリ♪とみました。

うーん、どれもこれもビールに合うものばかりで嬉しい限り☆(もちろんワインにも合いますがsweat01

そしてアミューズはさらに続きます。


22

「ズッキーニのフライ」


24

一緒に添えられているソース。
説明されたけど忘れてしまいました。でもたくさんのハーブやスパイスが入っているのがよくわかります♪おいひほ〜、じゅるるる


23

「ズッキーニのフライ」
もちろん美味しいのですが、アミューズからフライものだと私たちのお腹が心配・・・coldsweats01

ああでもこのソースが!どんぴしゃりの私好みの味〜!


25

マヨネーズ系のソースですがサラサラしていて全然しつこくないうえディルやピンクペッパーなどの味と香りが素晴らしくて、おいし〜の!完全LOVEですheart01ズッキーニを食べ終わってもこのソースだけしつこく食べていた私(笑)

さてビールの次はワインに移行しようとメニューを見ると、スパークリングワインの文字が。シャンパンは高いけどこちらは安い♪(笑)なので2人とも注文(笑)


26
うん、別にシャンパンじゃなくてもふだん飲み慣れていない私たちにとってはこれで十分(笑)。ほどよく辛口で飲みやすくて美味しい〜♪ワインがニガテなオットもどうやら炭酸が入るとOKらしい(笑)


27

そして驚くべきかなさらなるアミューズが!
「グレープフルーツのサラダみたいなもの」
こんなにあると、何も注文しなくてもいい気分になってしまう(笑)。ちなみにメニュー名は忘れてしまいましたので適当に(苦笑)。

2種類のグレープフルーツをペルノーやスターアニスで味つけしたものとこと。ほほう!なかなか斬新な組み合せじゃないですか♪お味はというと・・・

おお、うまーーー!


28

この組み合せでこんな味になるんだ?!グレープフルーツの果汁にクセのあるペルノーとスターアニス(八角)、さらには上にふりかけてある粗挽きのコショウがこんなにも合うなんて!ちょいスパイシーで爽やかな味、うーん、なんて表現したらいいんだろう?そう、美味しいカクテルを飲んでいるのに近いかも♪
シェフの想像力と創造力、すばらしい〜☆


29

そしてようやくパンが運ばれてきました。
ほんとここまで長かったー(笑)。


30

パンはもちろん自家製、あつあつに温められています♪


31

「オリーブオイル」とともに。
グリーンの色が美しい☆


32

しかしこのパンがまたうまいのよね〜(笑)。もっちりしていてほんのり甘くてcatfaceパンが大好きゆえ、食べる手を止めるのに苦労するんです〜(苦笑)。

そしていよいよ前菜が二つ一緒に運ばれてきました♪


40

こちらは私が選んだ「アスパラガスを使ったお料理」
きれいな盛り付けですね〜♪アスパラガスは大好きな野菜なので、本日の前菜の説明を訊いて迷わずコレに決めたワタシ。


39

「温かいサラダ風」という事前の説明どおり、まさにそんな感じです。


42

太くて長いアスパラが3本。その上に生ハムがのっかっていて、さらに上にはパルメザンのスライスが☆だいたいどんなお味か想像できる感じ。じゅるるるる。


43

これはキャベツ?じゃないですよね(笑)。無学ですいません。ちょっと苦みのあるキャベツのようなお野菜。


44

色よくソテーされたホタテも添えられていました♪


41

そして「半熟卵」
もうぷるんっぷるんっ(笑)。こちらのお料理のソースになるものですね。上には粗挽きコショウがパラリ。ではいただきま〜す♪

うまーーーー♪

若干アスパラに火がとおりすぎの感もありますが、ナイフをサクっといれて食べるアスパラガスは、まさにメインのよう♪

そしてお約束の半熟卵にナイフを入れて・・・


45

ひーー、おいひほー!!っておいしいんですケドね(笑)。味もさることながらビジュアル的にもたまりませんな〜!

アスバラガスに塩気のきいた生ハムとチーズ、それに卵のソースを絡めて食べるともう・・・ウットリ・・・(笑)

身の厚いホタテも甘くてジューシィ。十分お腹にたまる1品でした♪


33

そしてこちらは「鴨フォアグラのポワレ ハイビスカスのシロップ」
また私が選んだものですcoldsweats01いちおう誕生日なので選択権があってね・・・(言い訳?)いや〜、それにしても美しいお皿!

今回主菜を1つにしたので、前菜からやや重めのフォアグラを選んだのですが、やっぱり正解!


34

すんごい分厚いフォアグラですよ〜。もう十分メイン!


35

上にはお野菜がたくさんのっかっています☆さてお味のほうはというと・・・

これまたウマ〜〜♪


36

何が美味しいってこのソース!
ハイビスカスのシロップってネーミングもステキですが、名前に負けず劣らず味の方もバッチリ!lovely

ぶあつい身にナイフを入れると、想像以上にふわっとろ!なのでオットから先に半分食べてもらい、自分のところにきた時は、お皿の上はぐちゃぐちゃ(笑)。まったく美しくありませんでしたので、写真は割愛させていただきました(笑)。


38

フォアグラの下には松の実やレンズ豆、ナッツ類などが敷きつめられていて、このソースとともにフォアグラと一緒にいただくと、これまた最高なのだ〜happy02


37_2

切り身のアップ☆
ベリー系のソースのせいか、本来濃厚なフォアグラも最後までしつこくなくいただくことができました♪また、上のサラダもフォアグラの口直しにはピッタリ!でした。


37_1_2

そうそう、フォアグラのときにはハウスワインの赤をいただきました。グラスワインは500円〜とリーズナブルなものから揃っているので、気軽に頼めて嬉しい限りです♪

ちなみにお料理はアラカルトだと1.5人前あるそう。2人でシェアして食べて、私たちにはちょうどいい量でした♪

次回はオットの頼んだ前菜からご紹介したいと思いま〜す☆

|

« 信州旅行3:我が家、そして猫・・・ | トップページ | ディナー:オマージュ(Hommage)その2@浅草 »

コメント

コメントありがとうございます!

浅草はかれこれ10年以上ぶりだったので
懐かしさが先立ちました(笑)。

でも行った甲斐がありましたよ〜このお店は♪
アラカルトでの注文は今回が初めてでした。
ちょっとドキドキでしたが
リーズナブルだったので助かりました(笑)。

アスパラうまいですよね〜♪
自分で作るサラダには必ずいれます♪

投稿: PIP | 2008年7月 7日 (月) 22時02分

いい情報をありがとうございました!
たくさんの写真で堪能できました ^^
浅草って和食が美味しい場所かと思ってましたが
フレンチでこんな素敵なレストランがあるとは!!
それにコースじゃなくてアラカルトでオーダーするのって
勇気いりません!?
アラカルトだからこそ、オーダー以外のサービスがあったり
するのかもしれませんね^^
今度やってみよっと♪
アスパラ、私も大好きです(6/15アスパラ食べた記事があるので
よかったら見てくださいね♪)
旬の素材は一番ですよね!!
楽しませていただきました♪

投稿: びび | 2008年7月 6日 (日) 22時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/179639/22023865

この記事へのトラックバック一覧です: ディナー:オマージュ(Hommage)その1@浅草:

« 信州旅行3:我が家、そして猫・・・ | トップページ | ディナー:オマージュ(Hommage)その2@浅草 »