« ランチ:ボナペティートパパ(Pizzeria Osteria Buon Appetito Papa)@中野 | トップページ | ねこ:若かりし頃 »

2007年9月20日 (木)

ランチ:三合菴@白金高輪

01

またもや「白金」という縁のない場所に行く用事があったので、前から気になっていた美味しいと評判の蕎麦屋『三合菴』でお昼をいただくことにしました♪

両親がともに信州出身のため、小さい頃から蕎麦には慣れ親しんできた私。というか、慣れ親しみすぎて、嫌いなってしまった時期があったくらい。
でも、年を重ねるにつれ、蕎麦を外で食べる機会も増え、ひとくちに蕎麦といってもいろいろあるんだなぁ〜、と再び蕎麦好きに転向。

場所は、白金高輪の駅から徒歩10分以上、とやや歩きます。そして普通のなんでもないような通りに、ポツリとお店はあります。


02_1

暖簾をくぐると、お店への入り口があります。
扉の前にはちょっとした灯りと小さな木のイスが。


02_2

店内は、よくある普通の蕎麦屋といった感じ。広さも狭くもなく広くもなく中程度。13時過ぎに入店したら、ちょうど半分くらいが埋まっていました。


03

1人だったので、店の真ん中にある大テーブルに案内されました。

ランチのメニューは特になく、一日通しメニューのようです。
ふつうのせいろと迷ったのですが、ここはちょっと気分をかえて「とろろ」990円にしてみることに。


04

すぐにほうじ茶が出てきました。


05

ほどなくして「とろろ」の登場です♪
わお、かなり繊細そうなお蕎麦!期待が高まりまする〜。


06

薬味はごく僅か。
ちなみに私の数少ないお蕎麦屋さん体験では、ちゃんとした?蕎麦屋ほど、薬味が少ない傾向にある気がします。これは蕎麦そのものに自信があるので薬味は必要ない(あまり入れてほしくない)、ということなのでしょうか??誰か知っている人がいたら教えてクダサ〜イ。


07

そしてお蕎麦。
一目見ただけで、きめが細かいのがわかります。あああ私好みかも〜。じゅる。
ちなみに量は少なめ。男の人は、これだけだとたぶん足りないでしょう。


08

うーん、こりゃうまい!!
かなりイケますよ〜!正直ここまで美味しいとは思わなんだ・・・、ウットリ。よく「蕎麦通」の人は、ひとくちめを、蕎麦本来の味を味わうために汁につけないで食す、という話を聞いたことがありますが、こちらのお蕎麦がまさにソレ!そのまま食べてもすんごいウマイ。いえ、むしろそのまま食べすすめたいくらい。ああ〜、初・汁つけない食べ体験(笑)
蕎麦に関してかなりウルサイうちの両親に食べさせたいわ〜♪


09

しかーし!!
残念なのは、今回の私のチョイス。いつもせいろをたのむところ、奇をてらって「とろろ」にしてしまった。この繊細なお蕎麦に、とろろはいらない!ああ〜、この汁が今となっては残念!しかもちょい濃いめだし。

でもまあ美味しいからいいか(笑)


10

そして最後のお楽しみ、「そば湯」
聞くところによるとこちらの店主、このそば湯のためだけに蕎麦を打つというお話。。。これまた期待に鼻が膨らみます!


11

ああ・・これまた美味しいそば湯でございます〜。ほっとするお味・・。

いや〜、満足、満足!!
本当は、ビールたのみたかった!(笑)でもその後用事があったのでやめときましたが。あとは、大好きな出し巻き玉子も、喉から手がでるほど食べたかったのですが、これもどうせならお酒と一緒がよかったので今回は見送りました。


Last

こちらの方面はあまり訪れる場所ではないのですが、こんなに美味しいと、わざわざ足を運んででも行きたくなるというものです。次は絶対に、出し巻き食べてやる〜!(笑)の『三合菴』なのでした〜。

|

« ランチ:ボナペティートパパ(Pizzeria Osteria Buon Appetito Papa)@中野 | トップページ | ねこ:若かりし頃 »

コメント

蕎麦とうんちくって人によってセットもんだよね(笑)

投稿: PIP | 2007年9月23日 (日) 17時30分

うまそうだぁぁぁぁ

そうそう・・・・

蕎麦の味はねぇぇぇ

って、うんちくを語りだす。。。(笑

投稿: まつくん。 | 2007年9月22日 (土) 19時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/179639/8030363

この記事へのトラックバック一覧です: ランチ:三合菴@白金高輪:

« ランチ:ボナペティートパパ(Pizzeria Osteria Buon Appetito Papa)@中野 | トップページ | ねこ:若かりし頃 »