« ハワイ旅行記19:ハナウマ湾@オアフ島 | トップページ | ハワイ旅行記20:ランチ『ME B-B-Q』他、ワードウェアハウス(WARD WAREHOUSE)@オアフ島 »

2007年7月 7日 (土)

ディナー:オー・グー・ドゥ・ジュール( Au gout du jour ) @市ヶ谷

01_27
先月末は、私のウン才の誕生日だったため、一度は行ってみたかった、市ヶ谷にある『オー・グー・ドゥ・ジュール( Au gout du jour )』に行ってきました〜♪
1〜2年前かな?やはり誕生日にここを訪れようとしたら、なんと、ちょうど定休日の月曜日で、涙をのんだ記憶がよみがえります。

予約は前日に入れました。人気店なので無理かも・・・と心配していたら、アッサリとれました。もしかして、最近、新丸ビルに新店舗がオープンしたりして、お客が流れているのでしょうか?


02_29

18時半の予約は私たちだけだったらしく、店には一番乗りでした。オットはガラガラの店内を見て、本当に人気店なのだろうかと不安に思ったようです。もちろん後から満員になりましたが(笑)
店内は私の好きな淡い黄色とベージュのインテリア。優しいながらもシンプルで、天井も高いので、スッキリとした空間をかもしだしています。テーブル間の距離もしっかりとってあるので、ゆったりとくつろげます♪


03_29

テーブルのお花はバラ♪


04_28

いつもどおりまずはビールでメニュー選び(笑)

3つほどあるコースの中から、オットはメインを好きなものから選べるBコース7350円(前菜、お魚、お肉、デザート、珈琲or紅茶)を、私もBにしようと思ったのですが、せっかく誕生日なんだしもう1つ上のにしたら?ということで「シェフ中村のおまかせコース」10500円をチョイス。ふだん1万円のコースなんてほとんど頼まないので、なんだか妙にドキドキしちゃいます(笑)小庶民です。

ところで、ここのお店のサービスは、つかずはなれずの接客が何ともいえず気持ちいい、と評判だったので、興味深く拝見していると、果たしてそのとおりでした。まさに「つかずはなれず」なのです。これって簡単なようでとても難しいと思うので、ほんとすごいなと。気を使われすぎるのって確かに居心地悪いもんです。(まだ素っ気なくされるほうがいいタイプの私(苦笑))


05_27

まずはアミューズの『パルメザンチーズとベーコンのクレームブリュレ』が運ばれてきました。アミューズにしてはけっこう大きく、たっぷりめです。


06_31

おお、ウワサどおり、不思議な味〜。
甘いのとしょっぱいのが混ざっているような・・。
上はシブーストのようにカラメルを焦がしてあります。ぎりぎりデザートじゃない感じの味(笑)


07_28

でも美味しい〜。サービスの人に聞くと、このアミューズは開店当初からかわっていないとのこと。歴史ある一皿なのですね。


08_29

こちらは「パン」
ちょうどいい大きさかな、味もよいです♪


09_26

一緒に添えられた「バター」
かなり平べったいビッグサイズがややユニークでちょっと笑いました(笑)


10_27

この辺りで白ワインをボトルでいただくことに。
オットはワインがあまり得意ではないのですが(本人曰く、悪酔いするそう)
軽めでスッキリ系の白なら美味しそうに飲んでくれるので、それを注文。ちなみにワインはサービスの方が絶妙なタイミングで注ぎにきてくれます。


14_27

そしてオットが選んだ前菜は、本日の前菜『トウモロコシの冷製スープ』
彼は中華でもフレンチでもとにかくスープ系を好むので、このチョイスは100%予想できました(笑)

とうぜん私もいただきました(笑)。1口すすると、甘くてとろりとして、幸せな気持ちになります。量もたっぷり。やはりそのへんで買うポタージュスープとは段違いです(当たり前)オットもうなっておりました☆


11_26

そして、シェフおすすめの前菜は、こちら『農園野菜のテリーヌ モザイク仕立て』♪


12_23

おおお、これがまさしくいろいろな方のブログやHPなどに掲載されていた1皿なのですね!シェフおすすめに登場するあたり、やはりこのお店自慢の1皿なんですね〜。

まず見た目が美しいですね〜。ガラス細工のようです。
サービスの方が、食材や調理法について丁寧に説明してくれました。


13_23

お野菜は、1つ1つ別に調理・味つけしているそうで、全体的にかなりさっぱりめです。この周りのソースをつけて食べると俄然うまさが増します。まさに蒸し暑い今のこの季節にピッタリの1皿でした♪


16_23

そして、こちらは私にだけつく『モリーユ茸とキャベツのクリームスープ』
おお、こんなものがつくのですね!涼しげなガラスのお皿の上には芳醇な香りのする温かいスープが♪


17_24

この茸、「モリーユ茸」?初めていただきました。見た目はかなりグロテスクですが、濃厚なクリームと一緒にいただくととてもウマイです!


18_21

スープはかなりとろりとしていて、スープというよりシチューに近い感じ。味はポルチーニのような濃厚なお味。キャベツもざっくり入っているし、見た目は小さな器ですが、かなりボリュームがあります。まずい・・、すでにお腹が膨れてきました。こんなことならオットの前菜のスープをあんなにもらうんじゃなかった・・・(笑)


19_19

20_15 そしてお魚料理の登場です。まずはオットが選んだ本日の魚料理『真鯛のグリル』


21_15

見てのとおり、表面はこんがりパリパリで、中身はしっとり。安定したウマサです♪


22_14

このソースが確かアンチョビベースのバターソースだったような気が。やや薄味に仕上がっているお魚につけて食べるとほんとピッタリ♪


24_12

お魚の下には古代米のリゾットが敷かれています。


23_14

つけあわせのお野菜は、インゲンやオクラ、カボチャのローストなど。どれも美味しくいただけました♪ってオットのだよ!(笑)


25_11

そして私の魚料理は『カリカリのジャガイモで包んだ赤座海老』
こちらもまた皆さん食べて感動された評判の一皿です。シェフおすすめに入っているということは店側でも自信の一皿ということですね。ううう、食べる前から興奮する〜(笑)

お味はというと・・・

うふふふ、うまーい!!


26_12

これは皆さん美味しいと言われるのわかりますワ〜♪外側の細かく千切りされたジャガイモのクリスピー加減、そして中身のエビの火のとおり具合・・・エクセレント!でございます!(笑)


27_10

お皿の下にスッ、とひいてある赤いソースは、ビーツのソースだそうです。甘みと酸味が一体となった微妙な味のこのソースもまた、エビの旨味と非常によく合います☆


28_11

つけあわせのお野菜は、オットの鯛と同じものでした。


29_9

そしてこちらも下には古代米のリゾットです。芯のしっかり残ったアルデンテで、こちらもウマ〜☆

美味しい余韻に浸っていると、早くもお肉料理が運ばれてきました。


30_9

31_6 こちらはオットの頼んだ『イベリコ豚のグリルと季節の焼野菜添え』
前日に家で、サムギョプサルを作り、さんざんっぱら豚バラ肉を食べまくったから、これをオットが選んだ時に「いいの?豚で?」と注意を促したのだけど、承知の上でのチョイスとのこと。


32_4

こちらも安定した美味しさです。逆に言えば特徴が見つけにくいというか(苦笑)。オットに感想を聞くと

「豚だね」

当たり前じゃないか!まあよく聞くと、本当は牛肉が食べたかったとのこと。この日は珍しく、牛はメニューになく、他はオットが苦手な羊かもしくは鶏だったので、豚にしたとのことでした・・・。


33_3

お野菜のグリルはどれも美味しかったです♪ヤングコーンがやや焦げ気味だったのはわざとなのかちょっと気になりましたが・・。


34_3

こちらは筍の揚げ物(フリット?)で、ほくほくしていて美味でした☆


35_1_1

そして私のお肉料理『鴨とフォアグラのポアレ 白隠元豆のヴァルサミコヴィネガー煮込み』の登場〜!


35_2_1

おお、やはりオススメはこちらのお店代表の一皿です☆


36_3

この日のために、最近フレンチで胃もたれするようになった自分の身体を、鴨もフォアグラもウェルカムな状態にもってきていた私、皿を見ただけでアドレナリンが・・!!(笑)

やばいです・・・・


激ウマです!!


37_3

ああ、この日のためにコンディションを整えておいてよかった〜!このピンク色の鴨肉!ぷりっ&じゅわ〜〜。


38_2

そしてこのヴァルサミコソースの味の美味しいことといったら〜!固めに茹でた白隠元豆との相性も抜群!


39_2

そして真ん中は「フォアグラ」
おいひほー!!じゅるる。お皿全体がブラウン一色なので、彩りを考えてかトップにはあさつきが盛られています。

ウマーイ♪


40_2

カリカリなのは、ほんと表面だけで、すぐにとろりとレアァ〜なフォアグラがこんにちは♪ですよ〜。濃厚なんだけど、これがこのバルサミコのソースで中和されて濃厚さが薄れて、でもさっぱりもしすぎず・・・。すばらしく完成されつくしたお料理で、感動〜♪

いや〜、美味しかった〜、めちゃくちゃ満足した後は、いよいよデザートです。


42_2
気がつけば、店内は満員です。若者もいればご老人も、カップルもいれば家族連れも。みんな揃って楽しそう♪

デザートは、お腹の具合を考えてか、この時点でサービスの方からメニューの説明が。私は『オレンジのスフレ』と、とても迷ったのですが、やはり美味しいと評判の『ロールケーキ』を一度食べてみたくて、結局こちらをいただくことに。対してオットはスイーツはクリーム系より断然ゼリー派なので、迷うことなく本日のデザート『ピンクグレープフルーツのゼリー』に決定。


47_1

ほどなくしてオットの『ピンクグレープフルーツのゼリー』が運ばれてきました〜。


48_1

キラキラ輝いています☆まるでルビーみたい。目の前でゼリーがふるふると揺れています♪


49_1

味がこれまた予想を遥かに上回るほどのジューシーさで、2人してウマー!!今これを書いていても記憶で唾液がでてきたほど(笑)先日も『ル・デッサン』でグレープフルーツ系のデザートを食べましたが、これはこちらに軍配があがるかな〜。
もちろんあちらはチーズケーキがあったりと、一概には比べられないんですけどね。


43_2

そしてこちらは私の頼んだ『ロールケーキ』なのですが・・・

そうなんです〜、メニューを決める時、誕生日なことが伝わり、わざわざお皿にろうそくとメッセージを入れてくれたんです〜♪嬉しいですね〜。


44_2

ウワサのロールケーキは、評判どおり、本当に生地がしっとりしていました♪クリームは控えめなのにしっかりとした味で存在感があります。ただ、またもや私、この時点でかなり満腹状態にあったため、やや味の記憶が薄かったり・・・とほほ。


45_2

こちらはマンゴーのソルベ。さっぱりしていて美味しかったです。


46_2

フルーツも甘くてフレッシュ♪

ちなみにろうそくは、サービスの方に吹き消すのを温かく見守られ、食べる前に下げていただきました。そうですよね、冷たいデザートですから(笑)

最後はプチフールと飲み物。私はエスプレッソのダブル、オットは紅茶を。


41_2

お砂糖は、ガラスの小皿に可愛く盛られてきました。


50_1

私のエスプレッソ(ダブル)


51_1

プチフールは、マドレーヌとキャラメリゼされたアーモンドでした☆


Last_6

いや〜、本当に評判通り美味しくて素敵なサービスのお店でした。とても洗練されたフレンチという感じがしました。何といってもトータルバランスがいいので、再訪したくなる気持ちがよくわかります。今後、利用させていただくお店の1つになりそうな『オー・グー・ドゥ・ジュール( Au gout du jour )』なのでした♪

|

« ハワイ旅行記19:ハナウマ湾@オアフ島 | トップページ | ハワイ旅行記20:ランチ『ME B-B-Q』他、ワードウェアハウス(WARD WAREHOUSE)@オアフ島 »

コメント

ありがとうございマス♪
でもお互い、あまり手放しで喜べない
おとしごろ・・・(笑)

投稿: PIP | 2007年7月 9日 (月) 17時51分

おっと。。。
お誕生日おめでとぉぉぉ
忘れていたわけではないからねぇ^^;

投稿: まつくん。 | 2007年7月 8日 (日) 20時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/179639/7047970

この記事へのトラックバック一覧です: ディナー:オー・グー・ドゥ・ジュール( Au gout du jour ) @市ヶ谷:

« ハワイ旅行記19:ハナウマ湾@オアフ島 | トップページ | ハワイ旅行記20:ランチ『ME B-B-Q』他、ワードウェアハウス(WARD WAREHOUSE)@オアフ島 »