« パン:ハード系パン@メゾンカイザー(MaisonKayser) | トップページ | 居酒屋:串駒@江古田 »

2006年12月 7日 (木)

ディナー:四川料理『川香苑』@新宿

某雑誌で見てかなり気になっていた四川料理『川香苑』へ遂に行ってきた☆
本来中華はあまり得意でない方なのだが、四川だけは別。
辛いものが大好きなので四川と聞いただけでウズウズするほど。


061206_1

場所は新宿歌舞伎町。一見だけではたぶん入らないであろう場所と雰囲気。しかもこのやたらド派手な看板(笑)。しかし店内はいたって清潔、キレイで明るいのでご安心を♪

さっそくメニューを広げると『車海老と山椒の唐辛子炒め』『ギアラのソースかけ』『干し豆腐金華ハムの青唐辛子四川風サラダ』などもう読んだだけで興奮して鼻血でそう。片っ端から食べたくなってしまうー、じゅる。
オットと二人なのでそんなに数は頼めないとかなり厳選して注文。


061206_2

まずは絶対食べたかった『鶏肉と山椒の唐辛子いため』。
待つこと10分。
ひーーー写真で見るより凄い迫力の唐辛子の山!真っ赤っか!店員さんに耳元でこう囁かれた。
「唐辛子、食べない」
そうなんだ、食べないんだ。
考えてみたらこれだけあれば当たり前か。
でも私たち食べるもんだと思っていました。(タイ料理とかだと食べちゃうので)


061206_3_1

唐辛子の山からのぞく鶏肉としめじはバッチリ味が染み込んでいてもうヒジョーに美味。


061206_4

そしてさんざん迷って注文した『イカ酸辣風煮込み』。
これが想像より辛めでウマイ〜。オットは辛さにギブ気味だったけど私はスープもガンガンのんでしまった。


061206_5 あれ?この味は納豆?そう、この上に浮いている豆は多分納豆を煎ったやつだと思われます。ふつうの納豆みたいに柔らかくないんです、固い豆。これがなんか妙にあう。この発想日本にはないよなー、おそるべし中国。この辺りから耳が辛さでやや遠くなってきた(笑)


061206_6

そろそろ辛いのは中断ということで『塩卵と山薬塩味炒め』
山芋のシャキシャキ感と卵に塩昆布のような味がついていてこれまた未体験なお味。しかも妙にクセになるのだ。これをつまみつつ、お次は『五目おこげ』。私がおこげ好きなのでオットが気を使ってくれたのかもしれぬ。


061206_7 私たちのテーブルの横でざっとあんをかけた瞬間じゅっ!と響き渡る香ばしい音に店内の人たちが一斉に注目!


061206_8

これが意外にサッパリした味なんだけど、じんわりとやさし〜い旨味が広がってくる感じでなんともよい!私たちは黒酢を少しかけていただいた。


061206_9

そして最後は『四川本場担々麺』
これがもう本当に美味しい!
いろいろな香辛料やら具やらが渾然一体となって醸し出す深ーーい味。


061206_10 それにもちもちとした太めのちぢれ麺が絡みついて・・・。ああもう皿まで舐め尽くしたいほど。これだけ食べにきてもいいかもなーと思わせる大満足の一品なのでした☆
これだけ食べてビールや紹興酒やらを飲んで二人で7千円位、ほんと素晴らしいCPです☆絶対近いうち再訪するぞ!
でもやっぱり中華は大人数のほうが色々楽しめていいですね。

|

« パン:ハード系パン@メゾンカイザー(MaisonKayser) | トップページ | 居酒屋:串駒@江古田 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/179639/4424350

この記事へのトラックバック一覧です: ディナー:四川料理『川香苑』@新宿:

« パン:ハード系パン@メゾンカイザー(MaisonKayser) | トップページ | 居酒屋:串駒@江古田 »