« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月28日 (木)

お惣菜:サラダ@RF1

ここデパ地下でおなじみの『RF1』はよく利用するお店の1つ。
仕事で遅くなった時などよくRF1のサラダにお世話になったものです。遅くに食べても野菜がメインなので胃にもたれないし、なんといっても大好きなワインによく合うのがまたよいのでした。


061228_1

今日は久しぶりに行ったRF1で『桜島鶏のピリ辛グリーンサラダ』を購入。
いつもはだいたい『森林鶏の30品目グリーンサラダ』(RF1人気商品らしい)なんだけど、次に買うのがこのサラダ。値段は680円と安くはないが、ボリュームがあるし、これにパンでもあれば十分満腹。
最初はためしに買ったという感じだったのだが、テリヤキ風の濃いめの味付けの鶏肉とさっぱりした葉ものがうまい具合にマッチして私の中ではすっかりリピート商品となってしまった☆


061228_4

角切りのじゃがいもも適度なボリュームで満腹感をあおります。


061228_3

黒ごまがからむ鶏肉に和風だしのあっさりドレッシングもピッタリ。

ちなみにここのエビマヨサラダもけっこう好き。私はRF1のこのサラダが好き☆、という情報あったらぜひ教えてクダサイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月26日 (火)

ランチ:クレッソニエール(Cressonniere)@新宿

新宿にあるフレンチ『クレッソニエール』のランチにやっと行ってきた。
遅ればせながら最近雑誌で見てその存在を知ったのだった。
行きたくてもなかなか行けずにいた『コンコンブル』の姉妹店、しかもランチの値段は1000円。新宿なら近いしこれはもうすぐにでもイカネバ!!ということで。


お店は新宿三丁目のセゾンビル地下、とオシャレからはほど遠い場所にある。入り口の看板もやたら明るく一瞬ここがその店だと思わず通り過ぎそうになってしまった(笑)


しかし一歩中に入るとカジュアルなフレンチレストランという感じでシックにまとまっていていい感じ。

ランチは1000円のプレートランチでサラダ、パン、スープ、デザート、コーヒーがついてくる。(プラス料金のもある)


そしてなんとグラスワインが200円!これはもう飲むしかないでしょう♪グラスワイン白を頼みつつ、オーダーは『丸ごとトマトと肉詰めロースト(限定20食)』にしてみた。限定モノに弱いわたし(苦笑)


そしてついにきました♪とっても重厚そうな銀のお盆に全てがのっています。ビジュアルが美しい。お盆もナイフもフォークもずっしりと重いのが高級感を感じます。


サラダはみなさんおっしゃっていたように、ゆでたじゃがいもやニンジン、オリーブなどが入っていて見た目鮮やか☆


スープは日替わりで特に説明はなかったが、本日はたぶんほうれん草のクリームスープかな。これがまた器がかなり深くてたーっぷり入っています♪


デザートはパンプディングで軽めの味が調度いい♪ちなみにコーヒーはちょうど食べ終わったベストなタイミングで「コーヒーはいかがですか?」と声をかけられました♪


そしてメインの『丸ごとトマトと肉詰めロースト』
全体的にあっさりしていてとても食べやすいです。


中身はこんな感じ♪付け合わせのマッシュポテトとトマトとお肉が口の中に広がる瞬間はもうなんともいえません〜。

全体的にほっとする味で、食べながらじんわりと身体によいエネルギーが染みわたるような、ああからだにいいなーって思うような、そんなフレンチです。わたしフレンチは重たくてちょっと・・・、という人でもここクレッソニエールのお料理ならOKだと思います。ランチの時間も16時まで!なので新宿にお出かけの際はゼヒ一度お試しあれ♪

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年12月25日 (月)

パン:総菜パン@中野『ロイスダール(LOISDAAR)』

061220_1

近所にあるロイスダールでたまにパンを買う。
どうやら中野では古くから営業している老舗のお店らしい。
店内はお客が入れ替わり立ち代わりでいつも賑わっている。まだ行ったことはないが2Fには本格的なフレンチを出すレストランがある。近いうちランチに行ってみようかな〜。

洋菓子屋なのだからスイート系のパンが得意かと思いきや、総菜系、ハード系もなかなかどうして本格的なお味なのだ。しかも値段もお手頃ときている♪

今日はお昼用に初めてサンド系を買ってみた。


061220_2

『アボガドとシュリンプのサンド』
パンがハイジの白パンみたいにフワフワ。


061220_4

ぷりぷりの海老に粗挽きのこしょうがピリッときいていいかんじ。


061220_5

もう一つは『スパイシーメキシカーナ』
中にはピリ辛のひき肉やベーコンが入っていて上に焦がしチーズ。一見地味でよくある組みあわせなんだけど、なかなかレベルが高いお味。


061220_7

中身はこんな感じ。具のひき肉とその味付けがしっかりしていて辛いとうたっておきながらその実食べると辛くないパンが多い中、ちゃんとしっかり辛いです(笑)これは行くたびに買っちゃいます。

近所にこういうパン屋があるとパン好きの私としてはとっても助かります♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月22日 (金)

ディナー:ラミティエ( L'AMITIE)@高田馬場

061223_1


前からチェックしていた『ラミティエ』に遂に行ってきた♪高田馬場へ出やすくなったので。本当は11月に行くつもりで予約の電話をしたら、なんと12月のこの日まで予約でいっぱいとのこと。こんなに人気だったんだ〜!馬場だけに侮っていた!しかも時間は18時半から2時間(後の時間に予約が入っているため)。おそるべし人気っぷり・・・。

場所は駅から数分、外観は赤を基調とした可愛らしいビストロ風。
店内はこじんまりとして清潔で、堅苦しさは一切なく居心地がいい。これなら一人でもこられそう。


061223_2

どうやら他ブログを見ると撮影禁止という記述がいくつかがあり、今回コソコソ撮ったせいで写真の写りがイマイチです。
さてこの店、プリフィクススタイルで2100円ととんでもなく安い。そしてとてつもなく量が多い、ということは事前に承知していたのでそれなりにオットとともに腹をすかせて臨んだ。が、それでもやられました〜。


061223_3

まずはグラスシャンパン(いつもはビール)。なんと570円!フレンチでこんなに安い店は初めて!しかもちゃんと美味しいしのだ。ちなみにグラスワインは525円とこれまた安いのにちゃんとした味。


061223_6

そしてオットの前菜『生ハム・コッパ・スペイン産チョリソー・鴨のリエットの盛り合わせ』。私はこれと迷っていたのでオットが頼んでくれてラッキー。


061223_7

数人でつまめるくらいの量に感動。生ハムはもちろん、特にリエットがウマイ!付け合わせのラスクが足りなくなるくらいの量。一緒に盛られているイチジクやオリーブもすごぶるウマイ☆


061223_4

そして私の前菜『ズワイガニと根セロリのレムラード仕立て』(+315円)


061223_5

まるでメイン並みの量にやっぱりビックリしてしまう。もう想像どおりヒッジョーにウマイ!!のだが、いかんせん量が・・・。オットが手伝ってくれたのでなんとか完食。


061223_8

パンとバターが前菜と同時にサーブされる。いつもはパンをおかわりするのだが、次に控えるメインの量を考えとりあえず保留。

メインはオットが『牛肉の赤ワイン煮』(+525円)、私が『骨付き仔羊背肉のロースト』(+735円)。


061224_12

まずはオットの『牛肉の赤ワイン煮』。お肉と野菜がゴロゴロです。しかも上には厚くスライスしたベーコンがのっている。肉の上にさらにベーコン!しかしこれが不思議にあうんだなー!なんでだろ?ソースも濃厚!大変美味しゅうございます。


061223_14

そして付け合わせのポテトグラタンのようなものが別皿できた。これがとっても美味しかったー。赤ワイン煮と一緒に口の中にいれるとそのマリアージュでしばし口がきけないほどうっとり。オットは半分以上食べてギブ気味、残りは私が手伝いました(笑)。


061223_9

そして私の『骨付き仔羊背肉のロースト』
本来そんなに得意でない羊肉。しかし一流のお店のそれは肉の臭みを感じさせないというのを聞いたことがあり頼んでみることに。


061223_10

061223_13

まず見た目が凄いです。3本、しかも超ぶ厚い。3〜4センチはあろうかと。やはりウマいですー。このボリュームなのにけっこうさくさく食べれちゃいました♪火のとおり具合も絶妙。


061223_11

付け合わせのラタトゥイユもモリモリ。

ただ量が・・・。量が多くて申し訳ないが少し残してしまいました・・・スミマセン!(オットは羊肉が苦手で手伝ってくれなかった)

少々残したのが幸いしたのかはたまたパンをおかわりしなかったからかなんとかデザートまでこぎつけた私。(オットは撃沈!)


061223_15

デザートは別料金で全て525円。で、頼んだのは液状のカスタードクリームの上にアーモンドを散らしたメレンゲを浮かべたもの(メニュー名忘れてしまった・・)。
う〜ん、うまい〜〜♪
そんなに甘くないカスタードの海に浮いているフワッフワのとても繊細なメレンゲ。お腹が一杯でも本当に美味しくいただけました。
(本当はタルトにしようかとも思ったがさすがにお腹が許さなかった)

ちなみに隣席の嫁&姑コンビらしきお客はメインの時点で「もうデザートはむり!」とお互い言い合っていたのに、一応もらったメニューを見て、タルトとキャラメルアイスを各自頼んでいた(笑)

いやー、これだけ食べて飲んでも(ビール、シャンパン、白ワインのデキャンタ、赤ワイン)2人で1万以下なんて本当に皆が言うように『ラミティエ』の経営どうなってるんだろ?!
ただ私たち、最近歳なのか量を食べられない身体になりつつある・・・。なので今度はランチ(もボリューミーらしいが)で再訪してみようかな!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月20日 (水)

スイーツ:フレッシュケーキ@HARBS

新宿で買い物。しばらく足を運んでいなかったのだが新しいお店がいっぱいオープンしているではないの。楽しいなー♪


061218_11

そして美味しそうなケーキ屋『HARBS』を発見☆見るとどれも美味しそう〜(じゅるるる)しかし1カット700円前後とちょっと高い?と思ったが、とりあえずいくつか買ってみる。

家に帰って中を見ると、デカ!1カットがかーなーり大きいです。(写真じゃ伝わりづらいですがコー○ーコーナーよりも大きいということで)ま、2人分と思えばむしろ安い?。


061218_1

まずはオットチョイスの『ミルクレープ』


061218_2

幾層にもなったクリームの間にイチゴ、キウイ、バナナ、パイナップルなどのフレッシュフルーツのスライスがこれでもかって入っていていきなりウマーー!


061218_3

フルーツの味もバッチリ新鮮だし、スライスも厚めで食べごたえ十分。クリームもまた甘過ぎずGOOD。オットもすっかりノックダウンのご様子。このミルクレープ、かなり贅沢ですぜ〜!


061218_4

お次は私チョイスの『バナナクリームパイ』
私はどうもバナナ系に弱く、クレープではバナナチョコを、『31』ではバナナストロベリーをつい選んでしまう)


061218_5

写真がイマイチなのはもうクリームがすごく柔らかくて箱から出すだけで崩れそうだったから。出して撮ったらさらに見た目わろし。もうクリームで隠れて他の部分がほとんど見えてません(笑)ちなみに中はカスタードクリームで大きなバナナがごろごろり。バナナ以外はほぼクリームをいただく感じではありますがこれがまたよい。タルトの土台の味もサクパリッと香ばしく、このクリームによくあいます☆

小ぶりで清楚なケーキも好きだがこういうクリームクリームしたケーキも嫌いでなかったりする。ダイレクトな甘み?を欲している時にピッタリ。


061218_10

そして『マロンケーキ』

ちなみにわたくしモンブランが大好き。新しいケーキ屋のモンブランは必ず試してみたくなるため、ここではモンブランがなかったのでこちらをチョイスしてみた(マロンタルトというのもあった)


061218_8

もう見た目どっしり、という感じ。現に重いし。


061218_7

このウェーブが妙にきれいでしばし見入ってしまう。まるで京都の寺庭のよう。


061218_9

中には刻んだマロンがクリームの間にバッチリ挟まっております。スポンジもクリームを配慮してか甘くなくて全体で食べてよいバランスになっている感じがした。

このHARBSというお店、どうやら名古屋が本拠地で名古屋中心に阪神圏で展開しているらしい。(そういう意味であのケーキのビッグさには納得できたりして(笑)・・・)関東ではここ新宿ルミネエストと六本木ヒルズの2店舗のみとちょっと少ない。
だいたいどれを買っても美味しそうな手応えなので、今後新宿に行った際には正々堂々1カット買いをしていずれ全ての味を試してみようかと思っております♪

何か一つ買ってみようかというあなた、とりあえずフルーツが入っているものがまずはオススメです。

☆★その他のHARBSのケーキの記事はこちら☆★

・ストロベリーミルフィーユ 、バナナクリームパイ

・マンゴームース、バナナケーキ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年12月18日 (月)

居酒屋:提灯まる@吉祥寺

吉祥寺シアターで芝居観劇の帰りに友人Sと呑み。
当初予定していた居酒屋が閉店していたため、あちこちブラブラしながら入る店を探す。


061217_1


061217_2

そして以前からこの提灯が気になっていたので本日はここ、ビストロ酒場『提灯◎(まる)』に決定ー♪


061217_4

店内は木目のカウンターとテーブルが2〜3席とこじんまり。けっこう好きな雰囲気かも。まだ時間が早く客は数組だったが、19時頃には満席状態。厨房の人も店員もとにかく元気で好印象。厨房の人に気軽に話す客など常連が多そうなかんじ。


061217_3

お通しは『ポテトサラダ』
普通のポテトサラダかと思いきや、さつま芋をマッシュしたものにパルメザンチーズがかかっていてなかなか美味しではないの♪

まずは各自好きな物を1品ずつ注文。


061217_6

友人Sの『アボガドと魚介のタルタル風?』
うん、うまい♪上にのっかっているピンクペッパーがいいアクセントになっていてよいかんじ。ビストロ酒場というだけありやはりワインに合う料理が多い♪ワイン好きの私はビールで喉を潤したあと早速ワインへシフト。


061217_7

お次に私の注文した本日のおすすめから『にんにくたっぷりタコソテー』


061217_8

ガーリックの味が激しくきいていてウマー!こちらにもピンクペッパーが♪ワインがすすむ〜。


061217_9

そして 『旬野菜のオーブン焼き ゴルゴンゾーラチーズソース』
上にかかっているソースがかなり濃厚。これまたワインが・・。

最後は茄子の煮物と和食系でさっぱり仕上げました。

最後に炭水化物系いこうと思ってたんだけど、おしゃべりしながらゆっくり食べたのと濃厚なソースのせいかなお腹いっぱい!本日は断念。

うん、ここなかなか私好みのお店であった。きっとまた来るであろう。満足満足♪

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月15日 (金)

お惣菜:キッシュほか@ル・ジャルダン・ゴロワ(Le Jardin Gaulois):荻窪

フレンチ惣菜とスイーツのお店 ル・ジャルダン・ゴロワ
荻窪に用事がある時はよくここでお惣菜を買って帰ることが多い。大もとは同じ荻窪にあるフランス料理ブランドミュゲ(まだ行ったことないですが)


061214_1_1

小さな対面販売式の店のショーケースには、所狭しとお惣菜やスイーツが並ぶ。どれも美味しそう。お手頃な価格なのもうれしい。

本日は好物であるキッシュと 田舎風のテリーヌ、ニンジンとくるみのサラダ、生ハムと半熟卵のジュレを購入。キッシュやテリーヌは常時数種類あり、特にキッシュにおいては定番のキッシュロレーヌのほか、季節の食材を使ったものなどどれもたいへん美味しそう☆本日は定番のキッシュロレーヌを購入。


061214_3

ここのキッシュはけっこうビッグ。表面の焦がし色が食欲をそそります(じゅる)


061214_4

見た感じベーコンも固まりでゴロゴロ、フィリングもみっつりでさぞや濃厚かと思われるでしょうが、これが意外にあっさり味なのです。もちろん美味しい☆


061214_5

対してこちらの 田舎風のテリーヌはなかなか濃厚なお味でこれまたよい。


061214_6

底にはハーブがしいてあり、これがいい香り。ワインがすすみますー。


061215_13

こちらのニンジンとくるみのサラダはよく買うメニューの1つ。やや太めの千切りは歯ごたえがよく、なんといってもマリネの味がいい。ほどよい酸味と甘みでうまいのだ。これに砕いたくるみがいいアクセントになっている。自分でもマネして作ってみようかなー。


061215_10

最後は生ハムと半熟卵のジュレ。このようにやや窮屈に入っておりますが


061215_11

容器から出るとこんな感じで〜。コンソメのジュレと半熟卵、生ハムの塩気が口の中で同時に広がりなんともうまいー♪白ワインにピッタリでイケます☆


061214_8

そしていつものように数種盛りにしてワインと楽しむのでした。このお店のお惣菜が好きなのは、どれも家庭料理っぽいところ。日本でいうひじきの煮物や肉じゃがの感覚といえばいいでしょうか。味付けもほんとシンプル。だから飽きずに買い続けるのかもしれない。

ちなみにここの『エフェル生シュークリーム』もなかなか美味しかったです♪ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月13日 (水)

ねこ:ハナの自己紹介

061213_1

先日のグリ(兄)に引き続き、妹『ハナ』のご紹介。
グリと同時に生まれたとは思えないほど小柄なハナ。
食も細くてなかなか大きくならないのが悩みの種。


061213_2

お風呂場が大好きでいないと思うとこのとおり、チョコーン
か・・かわいいぜ。美猫ダゼ! 


061213_3

片耳折れちゃってるのに全く気がつかないハナ(ヤバイぐらいかわいいゼ!)


061213_5

1時間ほど経過。ずっと気がつかないハナ(もうたまらんっ!!)


061213_6

しかもこのラブリーな寝姿☆


Cimg0669

とどめはこのエックス攻撃!(撃沈!)


061213_8

エックス攻撃の全体像


とまあとにかくかわゆいわけです、ハナは。

以上、本日はハナのかわいさ全快でお送りしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月12日 (火)

ランチ:デイリーズ(DAILIES)@三鷹

ここ『デイリーズ』はランチでかなりお世話になっている。
雑貨屋とカフェが併設していて、食事も美味しく居心地もよい。吉祥寺と違ってこういった店が少ない三鷹において大変貴重な店なのである♪


061212_1

店内は隣とのスペースを広くとってあるので家族連れにも大人気。週末ともなると半分くらいはファミリーで埋まっているかんじ。


061212_2 店内のテーブルやイス、サーブされる食器など全て併設の雑貨ショップで購入できるようになっているので使い勝手もよくわかって便利♪
ランチメニューはサラダ、飲み物のセットで確か700円ちょっとだったかな?私たち夫婦はだいたいお互い頼むものがいつも決まっていて、私は本日のパスタか本日のピタパン、オットはパスタかライス系を大盛で。この日は私は『本日のパスタ』を、オットは『オムライス』を注文。


061212_3 まずはセットのサラダ。初めて食べた時はこのギザギザした白いヤツがじゃがいも(ポテトチップみたいに揚げてあるもの)だとばっかり思って口にしたら大根だったのでちょっとビックリした記憶が。

061212_4  


061212_5 今日は『プチトマトと空豆のクリームパスタ』。ここのパスタの味がけっこう好きだったりする。ちょい濃いめで。


061212_6 プチトマトが甘〜い♪空豆もぽくぽく。


061212_7 オットの『オムライス』。デイリーズの一番人気らしい。
このフワトロの卵がたまらないのでしょうか。周りを見渡すと1テーブルに1つはこれを頼んでいるという感じ。


061212_8 食後のお飲物もカフェだけあって、どれも美味しい。今日はカプチーノ。シナモンとココアがセットでついてくるのでお好みの味にできるのがGOOD。カップのロゴがとても可愛らしい。もちろんカップはショップで購入できます♪

食後は雑貨をブラブラ見るのがいつものパターン。ここの雑貨や家具は本当にセンスがよくて見ているだけで飽きない。値段がわりとリーズナブルなのも魅力☆ちなみに今の家のダイニングテーブル&イスはここで購入しました〜。(ネコ×2のおかげでイスはすでにぼろぼろですが・・・(泣))

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年12月10日 (日)

居酒屋:串駒@江古田

地元の人気定食屋『洋包丁』の隣にひっそりと佇む『串駒』が気になっていた。どうやら大塚にある有名店ののれんわけのよう。早速来店。

061208_1 大塚のお店は行ったことがないが、日本酒の品揃えを誇る良店らしい。ここ江古田はプラス焼酎も扱い値段設定もややカジュアルとのこと。いろいろ食べてみたがどれもお酒によくあうような肴で美味しかった。


061208_2 お通しはメニューにもある『マカロニサラダ』。空腹だったため2人ともガツガツ食べすぐ完食(苦)


061208_10

そしてまずはオットの大好物の塩辛。うん、なかなか美味しい。


061208_5_1 続いて生ガキ。これは私の好物。ちょっとこぶりでいまいち。


061208_3_1 そして私もオットも大好物のレバ刺し。これが絶品☆見てのとおり薄いピンク色で鮮度よさげ♪これホントお酒すすみます☆おかわりしようかとおもったほど。


061208_4 てかてか、つやつや☆


061208_9

この時点でビールから日本酒に切り替え。
こんな感じでサーブ。頼んだのは私の好きな『飛露喜』


061208_7

そして一応『串駒』だから串盛りもいってみた。こちらは普通かな?

061208_8 こんな感じでソース、ケチャップ、塩と3種のタレが添えられてくる。ジャンクな感じでけっこう好き。来店したのは20時頃だったのだが、飲みたい日本酒(磯自慢)と肴(明太子のナンチャラ←失念)は既に売り切れていて残念。


061208_11

最後に『大山鶏のモモ肉のタタキ』を注文。
何気なく注文したのだが、これがすこぶるうまい!
ほどよく炙られた鶏肉にタマネギ&ポン酢のタレ。よくある組み合わせだが、鶏肉の味が他の居酒屋にくらべ抜群に美味しいのだー。
しめの注文だったのにこれのおかげで酒追加(笑)

感想は、旨い酒をひきたてるための美味な肴を出す店だなあということ。ちょっと飲みたいな、なんて時にこういうお店を知っておくととても便利☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 7日 (木)

ディナー:四川料理『川香苑』@新宿

某雑誌で見てかなり気になっていた四川料理『川香苑』へ遂に行ってきた☆
本来中華はあまり得意でない方なのだが、四川だけは別。
辛いものが大好きなので四川と聞いただけでウズウズするほど。


061206_1

場所は新宿歌舞伎町。一見だけではたぶん入らないであろう場所と雰囲気。しかもこのやたらド派手な看板(笑)。しかし店内はいたって清潔、キレイで明るいのでご安心を♪

さっそくメニューを広げると『車海老と山椒の唐辛子炒め』『ギアラのソースかけ』『干し豆腐金華ハムの青唐辛子四川風サラダ』などもう読んだだけで興奮して鼻血でそう。片っ端から食べたくなってしまうー、じゅる。
オットと二人なのでそんなに数は頼めないとかなり厳選して注文。


061206_2

まずは絶対食べたかった『鶏肉と山椒の唐辛子いため』。
待つこと10分。
ひーーー写真で見るより凄い迫力の唐辛子の山!真っ赤っか!店員さんに耳元でこう囁かれた。
「唐辛子、食べない」
そうなんだ、食べないんだ。
考えてみたらこれだけあれば当たり前か。
でも私たち食べるもんだと思っていました。(タイ料理とかだと食べちゃうので)


061206_3_1

唐辛子の山からのぞく鶏肉としめじはバッチリ味が染み込んでいてもうヒジョーに美味。


061206_4

そしてさんざん迷って注文した『イカ酸辣風煮込み』。
これが想像より辛めでウマイ〜。オットは辛さにギブ気味だったけど私はスープもガンガンのんでしまった。


061206_5 あれ?この味は納豆?そう、この上に浮いている豆は多分納豆を煎ったやつだと思われます。ふつうの納豆みたいに柔らかくないんです、固い豆。これがなんか妙にあう。この発想日本にはないよなー、おそるべし中国。この辺りから耳が辛さでやや遠くなってきた(笑)


061206_6

そろそろ辛いのは中断ということで『塩卵と山薬塩味炒め』
山芋のシャキシャキ感と卵に塩昆布のような味がついていてこれまた未体験なお味。しかも妙にクセになるのだ。これをつまみつつ、お次は『五目おこげ』。私がおこげ好きなのでオットが気を使ってくれたのかもしれぬ。


061206_7 私たちのテーブルの横でざっとあんをかけた瞬間じゅっ!と響き渡る香ばしい音に店内の人たちが一斉に注目!


061206_8

これが意外にサッパリした味なんだけど、じんわりとやさし〜い旨味が広がってくる感じでなんともよい!私たちは黒酢を少しかけていただいた。


061206_9

そして最後は『四川本場担々麺』
これがもう本当に美味しい!
いろいろな香辛料やら具やらが渾然一体となって醸し出す深ーーい味。


061206_10 それにもちもちとした太めのちぢれ麺が絡みついて・・・。ああもう皿まで舐め尽くしたいほど。これだけ食べにきてもいいかもなーと思わせる大満足の一品なのでした☆
これだけ食べてビールや紹興酒やらを飲んで二人で7千円位、ほんと素晴らしいCPです☆絶対近いうち再訪するぞ!
でもやっぱり中華は大人数のほうが色々楽しめていいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 5日 (火)

パン:ハード系パン@メゾンカイザー(MaisonKayser)

パンが好き♪とりわけハードパンに目がなくここメゾンカイザーのパンはお気に入りの店の一つ。新宿に用事がてらいくつか購入。

061205_1

まずは季節限定の『パン オ ボジョレーヌーボー』

061205_2 水の代わりにボジョレーヌーボーを使ったというとても贅沢なパン。口の中にしっとりと広がるワインと粉の味、それに刻んだドライソーセージが入ったりしてこころニクイ!うーーーん、たまりまセン!買いだめしておきたい。


061205_3

061205_4 そしていつも買う『パン オ オリーブ』
中にはいい感じで塩気のきいたオリーブのツブツブが・・。じゅる。


061205_5

これまたいつも買う『パン オ ノワ』
くるみやレーズンの入ったパンはどこの店でも必ず買ってしまう。これはもう私の中では定番。ちなみにこれはくるみのみ。


061205_6 撮影中に飼い猫ハナの手が!
全く気がつかなかったハプニング(苦笑)
ハナはパンが好きらしく、パンを食べているとよく寄ってくるニクイやつ。知らない間に側で狙っていたらしい・・。


061205_7


そして初めて買う『エクメック』


061205_8 まぬけなことにこの商品定番らしいのに今まで気がつかなかった・・・。以前トルコを旅行した時トルコのパンのあまりのうまさに非常に驚いた私。もちろん購入!


061205_9

中身はこんなかんじでみっつみつ!うーーーん、なんて美味しいんでしょう!粉の味はもちろん、はちみつが練り込んであるせいか、かめばかむほどじわっと広がる上品な甘み。ああこれもさっそく私のお気に入りに♪

ここでパンを買うと今日の夕食はもうチーズとお酒でいいやって思ってしまうのだった。あ〜幸せ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月 4日 (月)

ランチ:七條@神保町

ここ神保町にある七條は美味しい洋食屋で有名であるが本当に美味しいのでありマス♪数回ランチで来店しているが、いつも大変な賑わいである。
本日は『ミックスフライ』を注文。本当はメンチカツを狙っていたのだが、13時過ぎに行くことが多く残念ながらいつも売り切れ。


061202_1

フライの内容はエビ2、ホタテ、カニクリーム。
本来あまりエビフライを好んで食べないのだが、ここのエビフライはそんな私でも何度も頼んでしまう美味しさなのだ。
写真でもわかるとおり、エビ立ってます。ぷりぷりした食感はもちろんのことこの衣がまた美味しい。ほんのり味がついていてサックサク。
そして帆立の火のとおり具合も完璧で中心はちゃんとレア。大好物のカニクリームのクリームの味もたまりません!
ここは本当に何度でも通いたくなるお店ですわ♪
是非、今度は噂のメンチカツを食べるぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »